小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

サツドラ/メドピアと業務提携「歩数記録アプリ」提供

経営/2020年05月13日

サツドラホールディングスは5月13日、メドピアの連結子会社であるMediplatと業務提携し、ヘルスケア領域における共同事業として、歩数記録アプリ「サツドラウォーク(仮称)」の提供を開始すると発表した。

<サツドラ×メドピア>
サツドラ×メドピア

「サツドラウォーク(仮称)」は、アプリ上でバーチャルウォーキングラリーを体験しながら、毎日の歩数・消費カロリー・距離を楽しく記録できる歩数記録アプリ。毎日歩くだけでEZOCA(エゾカ)のポイントに交換可能なマイルが貯まるほか、掲示板型オンライン医療相談の利用、医療コンテンツの閲覧ができる。アプリは、2020年秋頃に提供する予定だ。

EZOCAは、北海道内の650店舗以上の提携店舗で利用できる、北海道共通ポイントカード。

提携では、北海道内の世帯普及率60%超のEZOCA会員を筆頭にグループが持つ多様な顧客接点と、メドピアグループが持つ医療関連データ・ヘルスケアサービスの開発・運用ノウハウを掛け合わせ、「サツドラウォーク(仮称)」を通じて、生活者の健康づくりをサポートする。

サツドラは、「健康で明るい社会の実現に貢献する」という企業理念のもと、医療法人との協同健康セミナーの開催やフィットネス事業の展開など、リアル店舗を軸に、地域の生活者の健康支援に向けた様々な取組みを進めている。

今後は、サツドラウォークを皮切りに、店頭やフィットネスクラブと連動した健康増進サービスのほか、独自の予防医療サービスや道内における次世代型医療ネットワーク構築など、両社の経営資源を活用した新たな共同事業の展開も検討する。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧