メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

すき家/環境配慮「レジ袋」変更で無料配布継続

2020年06月19日経営

すき家は7月1日、持ち帰り用レジ袋を植物性バイオマス素材25%以上配合のレジ袋へ変更する。

7月1日から実施されるプラスチック製買物袋有料化制度において、植物性バイオマス素材を25%以上配合しているレジ袋は、石油資源の節約、CO2削減につながるため、有料化の対象外となっている。

「すき家」は、バイオマス素材の認証マークを表示した新しいレジ袋を導入し、従来通りレジ袋は無料で、商品を販売する。

<すき家オリジナルエコバッグ>
すき家オリジナルエコバッグ

また、全国に店舗を展開する牛丼チェーン店として、レジ袋削減に取り組むため、7月7日から、先行店20店舗にて 「すき家オリジナルエコバッグ」(税込700円)を販売。保温効果があり、マチ付きのため商品が倒れにくく、温かい牛丼の持ち帰りにピッタリだという。

エコバッグ1個につき、すき家で使える300円分のクーポンが付く。

■すき家オリジナル エコバッグ
発売日:7月7日
販売店舗:すき家20店舗
販売個数:各店10個限定(計200個販売)
サイズ:幅16cm×横43.5cm×高さ35cm
価格:税込700円

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月22日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方