メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

アマゾン/物資支援が必要な団体をサポートするプログラム発足

2020年11月18日経営

アマゾンは11月18日、「みんなで応援」プログラムを開始した。

<「みんなで応援」プログラムを開始>
「みんなで応援」プログラムを開始

同プログラムは、日本各地で物資の支援を必要としている各種団体・施設を継続的にサポートしていくことを目的としている。

各種団体・施設が支援を希望する物資の「ほしい物リスト」をアマゾンのサイト上で公開。プログラムの趣旨に賛同した人が、そのリストから商品を購入することで、それらを応援物資としてアマゾンから届ける取り組み。

<各種団体・施設を継続的にサポート>
各種団体・施設を継続的にサポート

11月18日時点で、経済的困難を抱える家庭の子どもへの学習支援等に取り組んでいるNPO法人キッズドア、全国250カ所以上の拠点で社会貢献活動を実施している日本YMCA同盟、ひとり親支援活動を行っている各団体(ハートフルファミリー、日本シングルマザー支援協会、NPO法人 しんぐるまざあず・ふぉーらむ)、子ども食堂を運営する各団体・施設、新しい飼い主を待ちながら生活する保護犬・保護猫を飼育している動物保護施設など、150以上の団体・施設がプログラムに参加し、「ほしい物リスト」を掲載している。

今後、参加を希望する団体・施設をさらに募っていく。

また、アマゾンは、世界各国で支援を必要としている団体・施設に対し、ホリデーシーズン中に物資、支援金を寄付するキャンペーン「Delivering Smiles (デリバリング・スマイルズ)」を展開。日本においては、プログラムに参加する団体・施設のうち、60以上の団体・施設に対して、今年12月末までにアマゾンからも商品、支援金の寄付を実施する予定だ。

■プログラム参加を希望の団体・施設からの問い合わせ先
contact-ouen@amazon.co.jp

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月03日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方