流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ブロンコビリー/愛知、岐阜、関西地区一部店舗で営業時間変更

2021年01月14日 13:50 / 経営

ブロンコビリーは1月14日、愛知県、岐阜県、関西地区一部店舗の営業時間を変更すると発表した。今回、新型コロナウイルスの感染拡大状況と政府・自治体からの要請に伴い、営業時間を短縮する。

<ブロンコビリー>
ブロンコビリー

愛知県内の42店は1月14日から当面の間、営業時間を11時~20時とし、酒類の提供は19時までとする。

また、岐阜県、関西地区(大阪府、京都府、兵庫県)の一部店舗の25店舗は1月12日から当面の間、営業時間を11時~20時とし、酒類の提供も19時までにする。

今後、新型コロナウイルス感染症の拡大の状況、政府・自治体からの要請などで営業時間が変更された場合は、自社ホームページで随時、知らせるとしている。

ブロンコビリーは1978年、名古屋市北区で誕生し42年を迎えたステーキ&ハンバーグレストラン。東海地区を拠点に関東、関西地区で128店舗(2021年1月14日時点)を展開する。

2種類の炭で豪快に焼き上げる熱々でジューシーなステーキ&ハンバーグや、大かまどで炊いた魚沼産コシヒカリ、ジュニア野菜ソムリエが考える季節限定サラダバーなど、食にこだわった美味しさが多くの顧客から支持を集めている。

関連記事

関連カテゴリー

経営 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧