メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

関西スーパー/オーケーの議決権集計の疑義に関する発表に反論

2021年11月09日経営

関連キーワード:

関西スーパーマーケットは11月9日、オーケーが11月8日に発表した「関西スーパー様の臨時株主総会における議決権行使の集計に係る疑義の判明について」に反論し、H2Oグループとの経営統合に関する採決が行われた10月29日の臨時株主総会は、総会検査役の立ち会いの下で適法かつ公正に行われており、何ら不適法・不公正な点はなかったと声明を発表した。

オーケーが11月8日に発表したプレスリリースでは、総会の総会検査役が 2021年11月5日付で作成した総会検査役報告書を部分的に引用し、議案は本来「否決」となるべきにもかかわらず、その結果が恣意(しい)的にゆがめられたと主張している。

関西スーパーは、総会においては、投票用紙を用いた投票により議案の採決を行った。同社は、投票用紙上、何も記入せずに投票用紙を提出した場合には「棄権」として取り扱う旨を記載していた。

ある株主から、総会受付に対し、自らの投票が事前に行った賛成の意思表示のとおり取り扱われているか確認してほしい旨の申出があった。この株主は、投票用紙に記入を行わなかったものの、投票用紙の回収の際に、議案全てについて事前に行った賛成の意思表示のとおり議決権行使をする意思である旨を回収担当者に対して述べていた。また、当日受付に提出した職務代行通知書に本議案に全て賛成の意思表示をする旨が記載されており、事前に提出していた委任状、議決権行使書においても議案について全て賛成の意思表示がなされていたことの確認を経て、同社は、投票用紙の回収に際して回収担当者に対して述べられた内容については、投票用紙への記載と同様に取り扱うべきであることから、会社法その他の法令に照らし、この株主は議案の全てに賛成の投票をされたものと判断し、賛成票も含めて最終集計を行ったところ、議案の承認可決が確定したとしている。

さらに、現時点で特段の訴訟などは提起されていないが、開示すべき事項が生じた場合には適時に開示を行う予定と発表している。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年12月04日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方