メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

セブンイレブン/2022年度ペットボトル回収機1000台を追加設置

2022年03月29日経営

関連キーワード:

セブン‐イレブン・ジャパンは3月29日、レジ袋の「本部収益相当額」を活用し、2022年度中にペットボトル回収機1000台を追加設置すると発表した。

<ペットボトル回収機>
ペットボトル回収機

同社はセブン‐イレブン店舗へのペットボトル回収機の設置に継続して取り組み、ペットボトルの循環型リサイクル「ボトル to ボトル」を推進している。

2017年12月以降、店頭へのペットボトル回収機の設置と活用を進めている。2021年には、有料レジ袋の販売による「本部収益相当額」を元に設置を加速させ、年度内目標であった設置台数1000台を達成し、総設置台数は1606台となった(2022年2月末現在、13都府県)。今後も回収機設置を推進し、ペットボトルの資源循環を促進するため、2022年度においても、レジ袋の「本部収益相当額」を活用し、1000台の追加設置を目指す。

2021年度のレジ袋の販売による「本部収益相当額」は、約8億6000万円となり、ペットボトル回収機の設置費用などの一部として利用する予定だ。

セブン&アイグループのペットボトル回収機の2021年度実績は、ペットボトル回収機設置台数2098台(累計、内セブン‐イレブン1606台)、ペットボトル回収量約4億本・約1万800トン。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月28日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方