小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

DNP/中国の大手旅行代理店と提携

大日本印刷(DNP)は2月16日、クルーズ旅行で訪日する中国人に配布する「旅行のしおり」に日本企業の商品やサービスを掲載して認知向上や来店促進を支援するサービスを開始した。

サービスでは、提携先の中国現地の大手旅行代理店が、訪日クルーズの参加者に旅行前の説明会で必ず配布する「クルーズ旅行のしおり」に、日本企業が紹介したい商品・サービスを掲載して認知向上と来店促進につなげる。

昨今、上海株の下落などにより中国景気の減速が懸念されており、中国人旅行者の人数や消費金額の減速が不安視される声も聞かれるが、DNPは中国人旅行者に確実にリーチするオリジナルメディアを考案し、今後増えると予想される中国人旅行者リピーターをしっかりとつかまえるという。

「クルーズ旅行のしおり」はA5サイズ・全16ページの冊子で、行程表から日本の基本情報、文化の紹介、日本での注意事項などで構成。巻末の4ページは広告欄で、DNPは日本企業の商品・サービスについての広告を集めて掲載する。

DNPは、この広告欄を優先的に利用できる権利を2社の大手旅行代理店と提携。1船あたり最大で約5,000名程度乗船する大型クルーズの旅行客にアプローチが可能となる。

広告枠に加え、中国人が好むデザインでの広告制作なども提供。クルーズ参加者は、旅程表がある「クルーズ旅行のしおり」を旅行中は常に持ち歩き、乗船時間も長いことから船内でゆっくり読む傾向があるため、高い広告効果が期待できるという。

DNPは、訪日中国人向けに効果的な広告を実施し、自社の製品・サービスを購入・利用してもらいたい企業を中心にサービスを提供し、2020年までの5年間累計で8億円の売上を目指す。

タイを中心とした東南アジア各国からの訪日旅行者向け施策も随時展開していくとともに、今後も他のインバウンド施策の開発・提供を行う。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧