小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

アメリカ流通概要資料集2015年版/最新のオムニチャネル対策など新項目拡充

流通経済研究所は、「アメリカ流通概要資料集 2015年版」(7560円/送料無料)を好評発売中だ。

「アメリカ流通」の最新動向を統計データ、豊富な図表とともに、わかりやすく解説した資料集で、オムニチャネルへの対応やコンビニエンスストア業態の変化など、新たな項目を設けて内容を拡充した。

アメリカの小売・卸売業について、各業態の成り立ち、最近の変化などを豊富な図表とともに解説し、巻末には最新の統計表(卸売業、小売業の業態別売上高上位企業ランキング他)も掲載している。

■「アメリカ流通概要資料集 2015年版」概要
体裁:A4判、182ページ
価格:7,560円(税込、送料無料)
目次
http://www.dei.or.jp/information/pdf/america-ryutsu2015_contents.pdf

■購入方法
http://www.dei.or.jp/information/pub_01.html

■トピックスの一例
・2014年度のEコマースによる商品販売額は推定2,940億ドル
 ―全小売販売額に占める割合は約9%で、前年比11.7%増
 2018年度には、4,140億ドルに達する見込み

・各社の「ショールーミング」対策
 ―価格比較が困難なPBの充実化、オンライン小売業の価格にあわせる
 「プライス・マッチング」など、小売業による対策が進む

・オムニチャネルへの対応
 ―小売業の46%は専門のチームを構成し、消費者の買物体験の向上に努めている
 オンラインによる注文を受け付ける小売業は増加傾向

・消費者の変化
 ―健康志向を背景に、サプリメント市場は367億ドルに到達(2015年6月時点)
 約8,000種類にのぼる製品を販売

・コンビニエンスストアの変化
 ―店舗数は約15万3千店。前年比1.0%増
 ウォルマートが「ツーゴー(to Go)」を開店(2014年12月)

■問い合わせ
流通経済研究所 
担当:神谷、地田(ちだ)、伊藤
TEL:03-5213-4534

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧