小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

東京駅/グランスタで3700m2を増床、目標年商100億円増

JR東日本グループの鉄道会館は7月27日、東京駅のエキナカ商業施設「グランスタ」を増床するとともに、新たに改札外のエキソト商業施設「グランスタ丸の内」をオープンする。25日、関係者向けに内覧会を開催した。

<グランスタ丸の内>
グランスタ丸の内

2017年夏までに4期に分けて、全館オープンを目指す計画。今回は第1期オープンで、エキナカ17店、エキソト6店、合計23店をオープンする。

増床面積は、グランスタ約970m2、グランスタ丸の内約2770m2、合計約3700m2で、グランスタ増床部分21店、グランスタ丸の内32店、合計53店を新規開業する。新規開業部分の目標年商は100億円。

既存のグランスタの店舗面積は約1870m2、デリ、スイーツ、グロサリー、ベーカリー、カフェなど65店を展開する。2016年3月期のグランスタの売上高は140億円(前年同期比10%増)だった。

<新規開発エリア位置図、※JR東日本東京駅地下1階>
新規開発エリア位置図、※JR東日本東京駅地下1階

グランスタの利用客の男女比率は、男性60%、女性40%となっている。通勤途中に買い物によるOLのほか、新幹線のホームに近い商業施設であることから、出張に向かうサラリーマンの利用が多い。

1日平均の来店客数は平日4万人、お盆・年末年始では6万人が利用している。

<グランスタ(銀の鈴広場)>
グランスタ(銀の鈴広場)

新幹線の待ち時間を利用して、買い物をするお客も多いため、施設の平均滞在時間は約27分となっている。

商品構成は、遠方へ電車で移動する人のニーズを重視し、お弁当やお土産、スイーツ、惣菜といった食物販を重視していた。

次>> 雑貨と化粧品の大型ゾーンを展開

次へ> 1 2 3 4 5 6

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧