メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

エキュート立川/目標年商62億円、改札外に別棟を設置しリニューアル

JR東日本ステーションリテイリングは8月4日、JR立川駅(東京都立川市)のエキナカと改札外に展開する商業施設「エキュート立川」をリニューアルオープンする。

<JR立川駅>
JR立川駅

立川市が推進する「立川駅西側新自由通路整備事業」により整備された自由通路北側に、独立店舗棟「エキュート立川 osoto(オソト)」を開業し、立川市の要請に基づき、自由通路北側に新たな改札口「北改札口」を設置するのにあわせ、リニューアルをした。

<エキュート立川 osoto>
エキュート立川 osoto

立川駅構内のエキナカ商業施設「エキュート立川」の2階改札内の一部と3階フロアをリニューアルし、駅と街をつなぐことで、街のにぎわいづくりを目指す。

<新設した北改札口>
新設した北改札口

エキュート立川osotoの店舗面積は300m2だが、北改札口を新設するにあたり旧エキナカ部分店舗面積は127m2減少した。店舗数はリーシングする区画の見直しを実施し、15店減少、総店舗数は72店となった。

2016年3月期のエキュート立川の売上高は57億円(前年同期比3.5%減)で、ここ数年は売上高は横ばいとなっている。

JR立川駅の1日の乗降客数は32万人で、エキュート立川の1日平均のレジ通過客数は1万8500人だった。

今回のリニューアルでは、平常年度の売上高で62億円を目標とした。

<エキナカWEST>
エキナカWEST

JR東日本は2004年から駅を根本から改革する「ステーションルネッサンス」を開始。JR東日本ステーションリテイリングはエキナカ商業施設を担う会社として設立され、「通過する駅から集う駅へ」をテーマにエキュートを開発した。

2005年3月のエキナカ開発第1号の「エキュート大宮」から10年を経て、次の10年を見据えたテーマとして「集う駅から過ごす駅へ」を掲げた。エキュート立川は2007年10月に開業しており、来年で10年の節目を迎える。

<STATION CAFE BASEL>
STATION CAFE BASEL

リニューアルでも「集う駅から過ごす駅へ」をテーマに施設改修やテナントリーシングを実施した。

独立店舗棟「エキュート立川osoto」には、多摩地域で収穫された野菜を使用したデリスタイルのカフェレストラン「STATION CAFE BASEL」と地場野菜やグロッサリーを集めた物販ショップ「Gardens Marche」を展開し、多摩特有の自然環境から生まれる素材や食文化の魅了を提案する。

<Gardens Marche>
Gardens Marche

屋上には、緑化したテラススペースで、憩いの場を提供。多摩モノレールやJR中央本線、青梅線などを間近に見ることができる、臨場感のあるトレインビュースポットとした。

<テラスからの風景>
テラスからの風景

3階フロアは、食、住、創、学をテーマとした生活雑貨や衣料雑貨を中心に展開。北欧雑貨セレクトショップ「krone hus」を含む4ショップがエキュート立川に初出店する。

<3階フロア>
3階フロア

そのほか、ファミリー層から人気を集めていたTシャツ専門店「OJICO」とライフタイルショップ「KEYUCA」を含む3店がリニューアルする。合計8店を一新し、フロア全体で11店を展開する。

<イベントスペース>
イベントスペース

ゆったりと過ごせるフリースペースをさらに充実させ、イベントスペース「tamanity market」を新設し、多摩で活動する団体とのタイアップショップやワークショップイベントを展開するなど、地域の情報発信もサポートする。

<エキナカWEST>
エキナカWEST

エキナカWESTは改札内という立地を考慮し、機能的で利便性の高いエリアとして再編集した。

新業態の惣菜店「山田鶏屋」のほか、カフェ「Drip Mania」、ドラッグストア「KoKuMiN」など、7店がエキュート立川に初出店し、3店がリニューアル、合計10店を展開する。

<駅ナカWESTの惣菜ゾーン>
駅ナカWESTの惣菜ゾーン

カフェのドリップマニアと書店のペーパーウォールを併設し、ブック&カフェ形式で駅利用者にちょっとした時間での気づきや癒しを提供する。

<カフェと書店を併設>
カフェと書店を併設

飲食では、ご当地グルメの武蔵野うどんを提供する新業態「武蔵野うどん こぶし」を展開。既存店のかにチャーハンの店、雲呑好とともに、作りたてできたての一食を提供する。

<武蔵野うどん こぶし>
武蔵野うどん こぶし

JR立川駅には、エキュート立川のほか、ルミネ立川、ジェイアール東日本商業開発が運営するグランデュオ立川が出店している。立川駅周辺は、伊勢丹立川店、高島屋立川店、ビックカメラ立川店など商業施設もある。

<ルミネ立川>
ルミネ立川

そのため、今回のリニューアルでは、食と地域のコミュニティーを打ち出し、競合施設にない店舗を導入することで、既存施設の住み分けを図るという。

<伊勢丹立川店>
伊勢丹立川店

■施設概要
所在地:東京都立川市柴崎町3-1-1
JR立川駅構内
構造・規模:RC造、鉄骨造
店舗面積:osoto300m2
エキナカEAST75m2
エキナカWEST700m2
改札外3400m2、合計4515m2
駐車台数:436台
駐輪台数:自転車268台、バイク9台、合計277台
営業時間:osoto「STATION CAFE BASEL」10時~23時
「Gardens Marche」10時~21時
ショップ数:osoto2店
エキナカEAST5店
エキナカWEST14店
改札外51店、合計72店

■エキュート立川
http://www.ecute.jp/tachikawa/

この記事をシェアする

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方