メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

オンワードHD/上質グルメサイトをオープン

オンワードホールディングスは11月22日、食を通じて豊かなライフスタイルを提案するグルメECサイト「オンワード・マルシェ」をオープンした。

<オンワード・マルシェ>
オンワード・マルシェ

取り扱いカテゴリーは、「お酒」「お米」「調味料」「おかず・おつまみ」「スイーツ」「水・飲料」「器・キッチン用品」の7種類でスタートし、今後は段階的にカテゴリーを増やす予定だ。

品そろえは合計で約3000品目となるが、商品も段階的に増やし、さらに充実させる予定だ。商品の発送は、生産者の手で直接発送する新鮮で安心な産地直送方式を採用する。

ポイント制度は、会員のステージに応じて購入金額の1~5%を還元する。グランドオープンを記念して、初回購入限定500円クーポンプレゼントキャンペーンを2017年2月28日まで実施する。

オンワードは生活文化企業として、今から16年前となる2000年に、日本の食文化を世界に発信することを目的として、日本の伝統的な食と器、和の空間にこだわった、そば懐石レストラン「円」を、パリ・サンジェルマンに出店している。

オンワード・マルシェは、レストラン「円」のコンセプトをベースに、オンラインストアを通じてより多くのお客様に、美味しい、こだわりの食と器などを集めて販売する、上質・高感度なグルメライフスタイルECサイトを目指す。

スタート時点では国内のみの発送となるが、次の段階として、海外発送や海外の食材を日本のお客に届けるグローバルECサイトへと進化させる予定だ。

オンワード・マルシェが目指すのは、クリックするたびに作り手の想いやこだわり、食への安心・安全が見えてくるショッピングサイト。

全国に拡がるの営業ネットワークを活用し、その土地を知り尽くしたバイヤーが、直接産地に伺って、生産者と話をし、目で見て、舌で味わって選りすぐった商品をラインアップする。

まだ広く知られていない本当においしい日本各地の逸品や、こだわりの品、「これは美味しい!」と自信を持って届けられる品を集めたショッピングサイトを目指す。

サイトのコンテンツは、「美味しい!をコーディネート」をキーワードに、単に選んで買えるだけではなく、読んでも楽しいサイトを目指す。

クリエイティブディレクターには「東京カレンダー」の編集に携わり、現在は有名グルメ雑誌の編集長を務める大西健俊氏を起用する。

現地取材のほか、お酒に合うつまみや食材に合う器などの組み合わせの提案や、食の専門家と食通のファッショニスタなど、自社と関わりのある多数の著名人にキュレーターとして登場してもらうなど、読み応えと食べ応えのある内容を届けるという。

■オンワード・マルシェ
https://marche.onward.co.jp

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月25日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方