小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

スタートトゥデイ/採寸用ボディスーツ「ZOZOSUIT」の発送遅延、開始日は未定

スタートトゥデイは12月5日、採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」の発送が当初予定の11月末から、ずれ込むことを顧客向けメールで通知した。

<ゾゾスーツの注文画面>
ゾゾスーツの注文画面

採寸用ボディースーツ「ゾゾスーツ」は、 体型データの活用により、ファッションECの課題であるサイズの不安を解消することを目指した取り組み。

商品は無料で、税込200円の送料を負担すれば、誰でも手に入れることができる。

11月22日正午から、予約受付を開始したところ同日22時時点で、23万件を上回る予約注文があったという。

ゾゾスーツの体型データを活用して開始するプライベートブランド「ZOZO(ゾゾ)」についても、販売時期を遅らせる。

広報によると、「想定を上回る予約を受けたため、生産が間に合わないため、商品の発送が遅れている」という。

現時点で、いつから配送を開始するかは未定で、後日、配送日程を発表する。

ZOZOTOWNのゾゾスーツの購入画面では、お届けは2月上旬頃と告知している。

広報によると、「11月時点で予約をして頂いた方については、2月上旬よりも早く商品を届ける見込みだ」という。

前澤友作社長は11月30日、自身のツイッターで「11月末より販売とお伝えしていたブランドZOZOですが、諸事情により開始が若干遅れています。大変申し訳ありません。近日中には開始しますので少々お待ちください。そしてZOZOSUITですが、想定数を大きく上回る予約を頂いており、生産拡大が急務です。明日より私も工場に出向き陣頭指揮とってきます!」とコメントしている。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧