メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

訪日外国人客数/2月は36.4%増の189万人

2016年03月17日海外 経営

日本政府観光局は3月16日、2月の訪日外国人客数は前年同月比36.4%増の189万1000人だったと発表した。

昨年2月の138万7000人を50万人以上上回り、2月としての過去最高を記録した。単月としても、昨年7月の191万8000人に次いで過去2番目の数値となった。

主な要因として、1月に引き続きアジア地域の旧正月休暇中における訪日旅行需要の増加が挙げられる。旧正月休暇シーズンである1月、2月の合算値は、43.7%増の374万3000人で、前年同期の260万5000人を110万人以上上回った。

継続的な訪日旅行プロモーションや、航空路線の拡大、燃油サーチャージの値下がり、円安による割安感の定着も、引き続き訪日旅行者数の増加を後押した。

市場別では、ロシアを除く19市場が2月として過去最高を記録した。

韓国は、52.6%増の49万1000人と2015年2月の32万2000人を大きく更新すると共に、1月からの累計では早くも100万人を超えた。

テト(旧正月、2月6日~14日)を迎えたベトナムからは1万7600人が日本を訪れ、85.5%増と大きく需要を伸ばした。ベトナムからの訪日外客数は50か月連続で前年同月を上回った。

3月以降は、イースタ―休暇や桜シーズンの到来により、訪日旅行需要の増加が期待できるという。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年09月22日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方