小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

JR東日本グループのアトレ/台湾でショッピングセンター事業

三井物産、JR東日本グループのアトレ、台湾のディベロッパーのBreezeは8月8日、台湾においてショッピングセンター事業の実施と今後の駅等商業施設の開発・運営事業への参画を共同で推進することで合意し、契約を締結した。

事業は、台湾市場において、Breeze・アトレ・三井物産の3社がそれぞれの強みと機能を発揮し、アトレブランドを活用した商業施設の開発・運営に取組む事業で、アトレとして初の海外進出になる。

Breezeの有するブランド力や顧客ネットワークを基盤として、アトレが日本で提案する「日常の暮らしをちょっと豊かにする高感度&デイリーなアトレスタイル」を実現し、モノ消費からコト消費への移行期にある台湾市場にて新たな潮流を創出することを目指す。

<Breeze南山店イメージ>
Breeze南山店イメージ

Breeze南山店イメージ

<フロア>
フロア

第1号案件として、台北市信義地区でBreezeが2018年秋に開業予定のBreeze南山店に出店する。

Breeze南山店は、台北市の台北101、台北101/世貿駅に隣接する都心の一等地に建設中の大規模複合施設で、Breeze atre Holdingはアトレが厳選したブランドを中心としたライフスタイル提案ゾーンを展開する。

<Breeze南山店 アトレ 外観イメージ>
Breeze南山店 アトレ 外観イメージ

<Breeze南山店 アトレ フロアイメージ (2F)>
Breeze南山店 アトレ フロアイメージ (2F)

<Breeze南山店 アトレ フロアイメージ (3F)>
Breeze南山店 アトレ フロアイメージ (3F)

Breeze南山店 アトレ フロアイメージ (3F)

<Breeze南山店 アトレ フロアイメージ (4F)>
Breeze南山店 アトレ フロアイメージ (4F)

Breeze南山店の内アトレは、2階(一部)~4階で、面積は約1万2500m2、店舗数は約50店舗の予定。

今回の事業を通じ、Breeze atre Holdingの台湾市場におけるブランドステイタスを確立し、ショッピングセンター事業と今後の駅等商業施設の開発・運営事業に順次取り組んでいく。

Breezeは、台湾で高級百貨店などの商業施設8館を運営し、独自のブランド・顧客戦略により台湾のファッション・モードへの強い影響力を持つ台湾最大級のディベロッパー。

台北市の松山区・信義区などの一等地に大型店を構えると共に、台湾国鉄台北駅やMRT台北駅の駅商業施設も運営している。

アトレは、JR東日本グループのフラッグシップ駅ビル会社として、アトレブランドを中心に、恵比寿・目黒・品川・吉祥寺など、多彩な立地において、地域のお客様に新しい価値を提供する43店舗の駅ビルを開発・運営している。

JR東日本が推進する駅ビル・エキナカビジネスを積極的にサポートしている。

三井物産は、台湾で新幹線建設プロジェクトに携わった実績を持ち、英国等では旅客鉄道運営事業に参画しており、今後、駅などの商業施設の開発・運営事業にも取り組み、海外での旅客鉄道・駅事業を複合的に開発・運営している。

なお、これに先立ち、アトレと三井物産は、アトレ インターナショナル(以下:AICO)を設立した。今後BreezeとAICOの間で合弁会社:Breeze atre Holding(仮称)を設立する。

■アトレインターナショナルの概要
本社所在地:東京都渋谷区
設立:2017年7月
資本構成:アトレ51%、三井物産49%
事業概要:海外におけるアトレブランドを活用したショッピングセンター事業の統括会社

Breeze atre Holding(仮称) 概要
本社所在地:台湾、台北市
設立:2017年(予定)
資本構成:Breeze60%、アトレインターナショナル40%
事業概要:台湾におけるアトレブランドを活用したショッピングセンター事業の統括会社

■Breeze南山店/アトレ物件概要
所在地:台北市信義区松廉路
最寄駅:台北捷運(MRT)板南線:市政府駅、淡水信義線:台北101/世貿駅
開業:2018年秋(予定)
総面積:約54,000m2、内アトレ(Breeze 南山店の2階(一部)~4階)約12,500m2
店舗数:Breeze南山店200約店舗、内アトレ約50店舗(予定)

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧