メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ローソン/中国河北省に初出店で6店同時オープン

2020年07月31日海外

ローソンは8月2日、中華人民共和国河北省唐山市に6店舗同時オープンする。ローソンが中国の河北省に進出するのは今回が初めて。

これは、2020年4月に、羅森(北京)有限公司(北京ローソン)と中国国内で不動産・食品卸などの事業を展開する金匙実業有限公司(金匙実業)傘下の金典商業連鎖管理河北有限公司(金典商業)の間で締結された河北省におけるメガフランチャイズ契約によるもの。金典商業がローソンのメガフランチャイジーとして河北省における「ローソン」店舗のチェーン展開を行う。

唐山市は、河北省内ではGDPが1位の都市であり、近年の経済発展に伴い、若年層を中心にコンビニへの需要が高まっている。今後は河北省において、金典商業のメガフランチャイズによって、2025年までに50店舗以上の出店を目指す。

ローソンは上海市政府から招聘を受け、1996年に現地子会社(上海ローソン)を設立し、中国初の日系コンビニとして上海市に進出した。

2014年から、各都市で現地子会社と地場小売企業とのメガフランチャイズ契約を推進し、出店エリアと店舗数の拡大を加速させた。

また、パートナー企業が本部機能を持ち、指定エリアにおける運営開発全般を担うエリアライセンス契約によって、湖北省武漢市(2016年)、安徽省合肥市(2018年)、湖南省長沙市(2019年)に出店し、中国に2707店舗(6月末時点)展開している。

中国国内のローソンは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、外出自粛や在宅勤務が広がる中、近くに買い物をする商店が少ない地域や遠くまで外出が困難な人などのライフラインにもなっている。

中国でも、店舗従業員の手洗いの励行、マスク着用の励行、アルコール消毒等を徹底し、安心・安全な店舗営業を続けている。

ローソンは今後も中国において、エリアライセンス契約や各地でのメガフランチャイズによる出店を中心に、2020年で3000店を超える規模に拡大する予定だ。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月03日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方