流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ゲオ/マレーシアで8店舗目の「2nd STREET USJ TAIPAN」オープン

2021年12月15日 11:10 / 海外

ゲオホールディングス(HD)の子会社でマレーシア現地法人の2ND STREET TRADING MALAYSIA SDN.BHD.(セカンドストリートトレーディングマレーシア、セランゴール州)は12月25日、「2nd STREET USJ TAIPAN(セカンドストリート ユーエスジェー タイパン)」をオープンする。マレーシアでは8店目の店舗となる。

<セカンドストリートトレーディングマレーシアが8店目の店舗を出店>

衣料品、バッグ・靴・アクセサリーなどの服飾品のリユース商品で約1万1000点を取り扱う。商品は日本のブランドや国際的に人気のあるラグジュアリーブランドのバッグ、低価格帯アイテムなどを取りそろえる。

売り場は、日本のセカンドストリートの陳列方法と同じく、アイテムやジャンル別などのカテゴリーごとで分類し、見やすく整頓したレイアウトを導入した。マレーシアでは、商品の陳列方法に統一感がなく雑多に並べられている店が多いため、カテゴリーで分類し整頓された陳列方法は支持されているという。

新店は、クアラルンプール南西にあるスバンジャヤのUSJ地区内に位置する。近隣にセカンドストリートの店舗「2nd STREET SS15」と「2nd STREET SS13」が出店しており、ドミナントエリアを形成する。

スバンジャヤは、高級ショッピングモールなどの商業施設があり、地元の人だけでなく、現地在住の日本人にも人気のエリア。大学生も多く集まる。飲食店や銀行などが軒を連ねており、夕食の時間帯を中心ににぎわうという。

セカンドストリートトレーディングマレーシアでは今後、マーケティングリサーチを継続しながら、マレーシア国内での多店舗展開の拡大について検討する。

関連記事

関連カテゴリー

海外 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧