小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン/2月期は売上高1.8%増、営業利益7.2%増

ローソンが4月10日に発表した2013年2月期決算は、売上高4874億4500万円(前年同期比1.8%増)、営業利益662億4600万円(7.2%増)、経常利益659億2600万円(6.8%増)、当期利益331億8200万円(33.3%増)となった。

共通ポイントプログラム「Ponta(ポンタ)」の購買データ分析をベースに、CRMと、SCMに注力し、マチ(地域)のニーズに合った品ぞろえの実現を目指した。

Ponta会員数が2月末日現在で5,000万人を突破し、その売上は全体の45%を占めるまでに拡大した。

購買データを活用した客層分析結果をもとに発注精度の向上と商品開発に継続して取り組み、夕夜間のお客を意識した来店促進策に注力するとともに販売機会ロスの削減に取り組んだ。

ヘルスケア強化型店舗の取り組みでは、2月末日現在で一般医薬品取り扱い店舗数は72店(前期比31店増)、クオールの調剤薬局と「ローソン」「ナチュラルローソン」とを融合させた「調剤薬局併設型ローソン」の店舗数は30店(同23店増)となった。8月にはクオールの株式を5%取得し、資本提携をした。

来期は、売上高5160億円、営業利益700億円、経常利益684億円、当期利益359億円の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧