メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

東急ハンズ/3月期は売上高8.9%増、営業利益19.8%増

2016年05月11日決算

東急ハンズの2016年3月期決算は、売上高957億円(前年同期比8.9%増)、営業利益11億円(19.8%増)となった。

既存店が改善し、新規店舗の寄与などもあり増収増益となった。

2015年4月に「東急ハンズららぽーと富士見店」と「東急ハンズ大分店」、10月に「東急ハンズ松山店」、12月に「東急ハンズららぽーと立川立飛店」、2016年3月に「東急ハンズ仙台店」を開業した。

3月には新規開業施設である東急プラザ銀座に新業態の「HANDS EXPO(ハンズエキスポ)」を開業するなど着実な事業拡大に努めた。

来期は、売上高1023億円、営業利益9億円の見通し。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月05日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方