小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

マックスバリュ九州/特別損失5億円を計上

マックスバリュ九州は12月26日、2017年2月期第3四半期で特別損失5億400万円を計上する見通しと発表した。

固定資産の減損に係る会計基準に従い、店舗(福岡県他)の減損損失として1億8400万円、店舗改装による除却等により1200万円を特別損失として計上する。

完全子会社であったクリエイトについて、9月1日に吸収合併し、抱き合わせ株式消滅差損が1億7800万円発生するとともに、のれんについて将来の回収見込みが乏しいことにより、のれん減損1億2800万円を計上する。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧