小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオン/3~5月、SM事業は営業損失17億5300万円

決算/2019年07月05日

イオンが7月5日に発表した2020年2月期第1四半期決算によると、SM事業は、営業収益7920億7400万円(0.8%減)、営業損失は17億5300万円(前期から38億2400万円の減益)となった。

<マックスバリュ>
マックスバリュ

前期よりも売上は回復傾向となったが、客数の前年割れが継続し減収となり、荒利益高に影響した。販促強化、電気料単価の上昇などで経費も増加し、営業損失となった。

マックスバリュ北海道は、2店の大型改装と4店の小規模改装を実施した。大型改装を実施したマックスバリュ恵庭店(北海道)、ザ・ビッグ岩見沢店(北海道)では、買い回りしやすい売場の配置に変更したほか、要望の多い手早く調理ができる商品や健康志向に対応した商品の品ぞろえの充実を図った。

商品力向上の取り組みとして、お客から好評の均一価格の焼き立てパンを製造設備のない店舗へ配送し品ぞろえする取り組みを開始した。品ぞろえした店舗での売上は好調に推移しており、今後も更に取り扱い店舗を拡大する予定だ。

販売費・一般管理費が人時単価上昇による人件費の増加や電気料金の増加等で増加したものの、これらの取り組みにより既存店売上高は1.2%増、全社計の売上高は2.2%増と伸長し、営業損益が改善した。

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスと同社連結子会社は、人手不足や原料高を背景に仕入原価やさまざまなコストが上昇する中、グループ共通戦略として、継続的に一部商品部門の仕入機能を統合するとともに、共同調達の領域を拡大するなど、コストの低減に努めた。

ICT部門ではシステムコスト・保守コスト削減の取り組みを継続するとともに、お客の利便性向上のためキャッシュレス化対応等を推進した。

コスト構造の改革では、事務作業の省力化による人件費伸長率の抑制や厨房機器や店舗設備の合同商談による導入コストの低減を推進した。

マルエツでは、省力化を目的とした什器等の導入を推進するほか、マルエツプチでは50店に「電子棚札」を導入拡大した。カスミでは、地域に適応した品ぞろえとサービス構築に向けた店舗施策の推進体制を強化した。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧