メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

日本調剤/4~12月、新規出店継続と処方せん増加で増収増益

2022年02月01日決算

関連キーワード:

日本調剤が1月31日に発表した2022年3月期第3四半期決算によると、売上高2234億3900万円(前年同期比7.2%増)、営業利益58億2700万円(1.0%増)、経常利益60億5800万円(4.9%増)、親会社に帰属する当期利益10億9600万円(67.8%減)となった。

地域医療を担う医療機関として果たすべき使命を強く認識しながら、調剤薬局各店舗における感染防止対策を徹底しつつ、良質な医療の提供に努めた。また、収益性向上のため全社を挙げたコスト抑制にも継続して取り組んだ。

調剤薬局事業の売上高は1973億8900万円(9.0%増)、営業利益は91億800万円(30.3%増)となった。12月末時点での総店舗数は、同期間に30店舗を新規出店、10店舗を閉店した結果690店舗(物販店舗1店舗を含む)だった。売上高と営業利益は、新型コロナウイルス感染症の影響が継続しているものの、前年度の出店効果や処方せん枚数の増加等により増収増益となった。

なお、ジェネリック医薬品の数量ベース使用割合は、12月末時点で全社平均89.0%(供給停止品目などを算出対象から除外して計算)と、全国平均を大きく超える水準となった。また、在宅医療実施店舗の割合は12月末時点で全社平均92.4%(年間12件以上実施の店舗割合、新規店舗を含む)と順調に推移した。

通期は、売上高2946億円(5.6%増)、営業利益70億円(13.6%減)、経常利益70億円(16.8%減)、親会社に帰属する当期利益40億円(13.0%増)を見込んでいる。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月07日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方