流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ローソン/3~8月営業総収入38.6%増、改装・店内厨房・冷食好調

2022年10月06日 16:30 / 決算

ローソンが10月6日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、営業総収入4835億300万円(前年同期比38.6%増)、営業利益289億9300万円(8.6%増)、経常利益289億5100万円(4.0%増)、親会社に帰属する当期利益154億900万円(11.5%減)となった。

日常需要を取り込むべく進めている店舗改装、商品刷新により、まちかど厨房、冷凍食品などが販売好調となった。6月から開始した「ハピろー!」などのマーケティング施策効果、人流回復により、既存店売上高前年比が2.4%増と計画を0.4ポイント上回った。

客数は上期計0.1%増、客単価は2.3%増。

2022年度
第2四半期
前年同期比 2021年度
第2四半期
チェーン全店売上高 1兆2676億8900万円 3.3%増 1兆2270億5500万円
営業総収入 4835億300万円 38.6%増 3487億6800万円
営業利益 289億9300万円 8.6%増 267億600万円
経常利益 289億5100万円 4.0%増 27,8億3000万円
当期純利益 154億900万円 11.5%減 174億500万円
既存店売上高前年比 2.4%増 1.6%増
国内総店舗数 1万4655 1万4651

また、光熱費の高騰で本部の負担は20億円増えたが、品ぞろえ強化・販促施策効果で業績が回復、上期加盟店利益は前年越えとなっている。

グループ事業では、成城石井は巣ごもり需要の反動で減益、海外事業も中国ロックダウンの影響で減益だった。

行動制限が緩和されたためエンタメ事業は増益、キャッシュレス決済のチャージなどでATM取扱件数が増え、金融事業も増益となっている。

<平均的な店舗から地域の実情に合わせた店舗にと竹増社長>
竹増社長

竹増貞信社長は同日行われた決算説明会で、「上期は改装、出来立ての総菜・弁当を提供するまちかど厨房の追加、冷凍食品など商品の刷新、無印良品商品の導入で日販が改善した。日販改善効果の全店影響は1.7%増とみている。昭和、平成は平均的な店舗を全国展開することで成長してきた。現在は地域の事情に合わせた店舗展開が必要だ。今後、地域ニーズに対応した取り組みを推進するため、エリアカンパニー化を進める。先行して実施している北海道では日販が3.9%増、近畿3.7%増と全国の2.4%増を上回る実績を残している」としている。

改装店舗数は累計5545(上期1240増)、店内厨房約30%増・導入店舗数累計8853(上期494増)、無印良品導入店舗数は累計3780(上期3670増)。冷凍食品の売り上げは10%増と伸びており、上期は2年前から推進している大変革実行委員会の施策が効果をあげた。

通期は、営業総収入1兆240億円(46.6%増)、営業利益530億円(12.5%増)、経常利益485億円(2.0%増)、親会社に帰属する当期利益220億円(22.9%増)を見込んでいる。

■関連記事
ローソン/竹増社長「生活必需品は極力値上げ最小限・据え置きしたい」

関連記事

関連カテゴリー

決算 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧