小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

伊藤忠商事/北欧バッグブランド「GOLLA」の独占輸入販売権を取得

商品店舗経営/2016年05月19日

伊藤忠商事は5月19日、フィンランド発祥のバッグブランド「GOLLA(ゴッラ)」の日本市場における独占輸入販売権とマスターライセンス権を取得したと発表した。

<店舗イメージ>
店舗イメージ

2016年秋冬シーズンから本格展開を開始する。

日本市場における本格展開にあたり、モダンなスカンジナビアデザインをベースとしたストアコンセプトを強化し、トータルライフスタイルブランドとしての「GOLLA」ブランドの価値を訴求する。

5年後には小売上代ベースで売上10億円を目指し、将来的にはアジア地域での展開も視野に入れている。

主要なアイテムの小売販売価格帯は、デイパック1万円~2万円、トートバッグ1万円~2万円、財布1万円~1万5000円、携帯ケース4000円~5000円。

「GOLLA」ブランドは、1995年にフィンランドのKOLLA(コッラ)で誕生した。創業者であるカハコネン兄弟が、プラスチックやゴムを用いた小さくて機能的な雑貨の製造を開始した。

2000年前後には、デジタル革命の波にのり、携帯電話などのデジタル家電のアクセサリーの世界にファッション性を持ち込み、モバイル市場に新風を巻き起こした。

長年にわたり成長を続け、2016年秋冬シーズンより、新たにファッションバッグの展開を開始する。

今回、新展開するファッションバッグのアジア市場における取り扱い拡大に向けて、アジアのトレンドをリードする日本市場でのブランディング強化を目指すGOLLA社と、付加価値が高く良質なブランドを導入し、ブランド・ポートフォリオの拡充を目指す伊藤忠商事との方向性が合致した事から、契約の締結に至った。

今後は、ハクバ写真産業を通じた携帯ケースやカメラバッグ、PCバッグなどの販売拡大に加え、新たに展開を開始するファッションバッグを中心とする新コレクションについては、キタムラトレードサービスの販路を通じてインポート商品を中心に販売する計画だ。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧