小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

コカ・コーラ/缶チューハイ参入、レモンサワー専門ブランド「檸檬堂」

コカ・コーラシステムは5月28日、レモンサワー専門ブランド「檸檬堂(れもんどう)」を立ち上げ、「檸檬堂 定番レモン」「檸檬堂 塩レモン」「檸檬堂 はちみつレモン」(各希望小売価格税別150円、内容量350ml)を九州限定で発売する。

<レモンサワー専門ブランド「檸檬堂」シリーズ>
レモンサワー専門ブランド「檸檬堂」

コカ・コーラシステムは、チューハイの原点であり、今なお酒場で独自の発展をみせるレモンサワーに着目し、こだわりの店のおいしさを目指したレモンサワー専門ブランドを立ち上げた。

「檸檬堂」では、日本各地の酒場で提供されるおいしいレモンサワーのこだわりに学び、焼酎をおいしく飲む方法として知られる「前割り焼酎」にヒントを得て、丸ごとすりおろしたレモン果汁とお酒をあらかじめ馴染ませた「前割りレモン」を使用。

酒場で人気の味を、アルコール度数や果汁率の異なる三種類のレモンサワーとしてラインナップした。

「定番レモン」(レモン果汁10%、アルコール度数5%)は、お店の定番のおいしさを実現。

「塩レモン」(レモン果汁7%、アルコール度数7%)は、より強いお酒を好む人向けに、塩で味を引き締めた。

「檸檬堂 はちみつレモン」(レモン果汁7%、アルコール度数3%)は、はちみつでほんのり甘く仕上げたレモンサワー。

パッケージは、酒屋などで古くから愛用され、いまどきの酒場でも機能面、デザイン性から人気の藍染の「前掛け」に着想を得てデザイン。

店の屋号をイメージした製品名「檸檬堂」とレモンやスクイーザーを組み合わせた紋をあしらった。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧