小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

スタートトゥデイ/「ゾゾスーツ」7月末で112万8333枚を配布

スタートトゥデイは7月31日、採寸用ボディスーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」を112万8333枚配布したと発表した。

<ゾゾスーツの紹介ページ>
ゾゾスーツの紹介ページ
出典:ZOZOTOWNホームページ

同日開催した2019年3月期第1四半期決算のアナリスト向け決算説明会で前澤友作社長が明らかにした。

7月3日時点では、約55万枚を配布しており、1日あたり2万枚強、1カ月で60万枚を配布した。

前澤社長は、「当初予定通り、年間600万枚から1000万枚のゾゾスーツを無料で配布する体制が整っている。毎日2万枚生産して、2万枚を配布するペースはもっと上げられると思う」と語った。

7月3日に開始したプライベートブランド 「ZOZO(ゾゾ)」初のフォーマル商品となるメンズの「ビジネススーツ(2Bスーツ)」の受注状況は、7月30日時点で2万2459セットを受注した。

セット価格が約2万5000円程度の商品で、ビジネススーツだけで約6億円の売上となった。

スーツでは、ネイビーの無地やヘリンボーン地の生地が人気となっている。ワイシャツは圧倒的に白が人気だという。

プライベートブランドの1人あたり平均購入金額は、4月1日から7月30日で9719円となった。当初は7500円を目標としており、目標値を超えた。ビジネススーツの好評もあり、単価が高まっているという。

8月以降は、初めてゾゾスーツの計測なしで購入可能なPB商品としてネクタイを投入する。

計測が必要な商品として、ボーダーTシャツ、ホールガーメントニット、長袖Tシャツを発売する予定だ。

10月からは、女性向けのフルオーダーのセットアップスーツ、コートも発売する。そのほか、男女のインナー商品も投入する予定だ。

今後、靴・女性下着(ブラジャー)の製品開発を開始する計画で、7月30日から経験者・専門家を募集を開始した。

プライベートブランドの売上高は、第1四半期1億1000万円、第2四半期15億円、第3四半期で77億円、第4四半期で107億円で、合計で約200億円とする計画だという。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧