小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン/6月牛乳月間で「ふわふわミルクブレッド」発売

商品/2019年06月11日

ローソンは6月11日、関東甲信越のローソン店舗約4800店限定で、「ふわふわミルクブレッド」税込135円を発売する。

<ふわふわミルクブレッド>
ふわふわミルクブレッド

販売店舗は、「ナチュラルローソン」「ローソンストア100」と長野県飯田市内のローソン店舗を除く。

6月の牛乳月間にあわせて、本州における生乳生産量第1位の栃木県にある日光霧降高原大笹牧場株の那須牛乳を使用した商品を発売するもの。

国連食糧農業機関は、2001年に、牛乳への関心を高め、酪農・乳業の仕事を多くの方に知ってもらうことを目的に、6月1日を「世界牛乳の日」と定めた。

日本でも毎年6月1日を「牛乳の日」、6月を「牛乳月間」としている

「今回、発売する商品には、日光霧降高原大笹牧場株の那須牛乳をクリームの一部に使用している。練乳と牛乳を生地に使用することで、ミルクの風味とふわふわとした食感を楽しめる」(同社)。

日光霧降高原大笹牧場は、日光赤薙山麓の高原に広がる緑の大地に位置しており、乳牛の育成牧場として知られている。

ローソンは、2011年4月に栃木県と包括連携協定を締結し、県産品を使用した商品の開発・販売など、栃木県の地域活性化に向けた活動を行っている。

これまでには、栃木県産の豚肉を使用した弁当や、栃木県産とちおとめ苺を使用したデザートなどを販売している。

今後も自治体と連携し、県産品を使用した商品を販売することで、地域の活性化に貢献するという。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧