流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





マツモトキヨシ/ポケモンと協力、国内外1700店「ポケストップ」に

2019年06月11日 11:50 / 販促

マツモトキヨシホールディングスは6月11日、国内外のグループ店舗約1700カ所が、位置情報ゲームアプリ「ポケモン ゴー」の「ポケストップ」や「ジム」として登場すると発表した。

<マツモトキヨシ×ポケモン>
マツモトキヨシ×ポケモン

ポケモンとNiantic,Inc.とスマートフォン向けの位置情報ゲームアプリ「ポケモン ゴー」におけるパートナーシップ契約を締結したもの。

日本国内店舗のほか、タイや台湾に展開するグループ店舗も対象となる。

ポケモン ゴーは、幅広いユーザー層に継続的にプレイされている、位置情報と拡張現実(AR)を活用したアプリ。

現実世界を舞台として、外に出てポケモンを捕まえたり、他のトレーナーと協力して強力なポケモンと戦う「レイドバトル」を楽しむことができる。

マツモトキヨシグループは、全国各地に店舗を展開しており、グループ店舗が「ポケストップ」や「ジム」になることで、大都市圏のみならず、多くの地域のお客がゲームを楽しむきっかけにしたいという。

今後、ポケモンと連携し、店頭でのキャンペーン実施など、ゲームと店舗をつなぐさまざまな施策に取り組む予定だ。

関連記事

関連カテゴリー

販促 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧