小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

マクドナルド/店内飲食・持ち帰り「税込価格」統一、商品7割で価格据え置き

商品/2019年09月10日

日本マクドナルドは9月10日、軽減税率導入後の対応を発表した。お客にとっての分かりやすさや利便性を重視し、税抜価格の見直しによって、店内飲食と持ち帰り(ドライブスルー含む)の税込価格を統一する。

<マクドナルド>
マクドナルド

店頭での価格表示は、従来通り「税込価格」のみ記載する。税込価格は現在の「10円単位」を継続する。

統一価格と10円単位の価格にするため、セットメニューを含む全品目の価格の見直しをする。「ハンバーガー」「チーズバーガー」を含む全体の約3割の品目で税込価格を10円引き上げる。

一方で、全体の約7割の品目では、税抜価格の見直しを行い、現在の税込価格を据え置きする。店内飲食の場合は税抜価格の引き下げとなり、持ち帰りの場合は現行の税抜価格と同様となる。全体では加重平均で、税抜価格の引き上げとならないよう設定した。

空港・駅・遊園地・サービスエリア・大都市圏の一部店舗の全国約40店舗、全国約100店で展開するカフェコーナーMcCafe by Barista、宅配サービスは、別途価格調整をする。

人気の定番メニュー「ビッグマック」や「チキンマックナゲット5ピース(税込200円)」、「プレミアムローストコーヒーSサイズ(100円)」、「おてごろマック(税込100~200円)」、お得なセットメニュー「\500バリューセット」、「バリューランチ」各種など、引き続きお客にお得感のあるバリューメニューを、これまでと変わらない価格で提供する。

経済産業省が実施する「キャッシュレス・消費者還元事業」では、国内約2900店のうち、フランチャイズ店舗約2000店舗が参加し、国が補助する2%のポイント還元を実施する予定だ。

直営店舗は制度の対象外のため実施しない。フランチャイズ店舗は、ポイント還元制度に加盟店登録が行われた店舗が順次、対象となる。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧