流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ローソン/健康とおいしさ追求「糖質オフ商品」拡大

2021年06月11日 13:00 / 商品

ローソンは6月15日、使用する原材料を工夫することにより「糖質オフ」を実現したおにぎり、チルド弁当、調理麺、サンドイッチを発売する。

<健康だけでなくおいしさも追求した糖質オフ商品>
糖質オフ商品

使用するご飯の量を約4割に減らし、もち麦と大豆たんぱくに置きかえたおにぎり「昆布だしで炊いた鮭とわかめのおにぎり」(税込150円)、ご飯の代わりにもち麦と刻んだカリフラワーを使用したチルド弁当「おだしがおいしい もち麦冷し茶漬け(鶏飯風)」(399円) 、ブラン入り食パンを使用したサンドイッチ「ブラン入りサンド チキン&ベジタブル」(298円)、麺に使用する小麦粉の一部を食物繊維などに置き換えた冷し麺「裏切りの一杯 焙煎胡麻のコク!冷し担々麺」と「裏切りの一杯 鶏の旨み!冷し白湯麺」(各530円)の5品がそろう。

<友永伸宏商品本部長補佐>
友永伸宏商品本部長補佐

6月11日行われたオンライン商品説明会で、友永伸宏商品本部長補佐は、「コロナ禍で健康に関する意識、ダイエットへの関心が高まっている。当社の健康機能性ベーカリーの販売数は右肩上がりとなっている。今回、商品ラインアップを拡大し、毎日飽きずに商品を選択できるようにした。価格も、ナチュラルローソンで培った健康関連商品のノウハウ、素材メーカーの協力もあり、高機能商品にしては、抑えめにすることができた」と述べた。

<米を減らし、もち麦と大豆たんぱくに置きかえた糖質オフのおにぎり>
もち麦と大豆たんぱくに置きかえたおにぎり

「昆布だしで炊いた鮭とわかめのおにぎり」は、日本食品標準成分表2020年版「おにぎり(うるち米)」具材なしと比較し、糖質37%オフ。ごはんは昆布だしで炊き、大豆たんぱくも昆布だしで炒めて加えている。米を約4割減らし、代わりに大豆たんぱく、もち麦を加えた。

<ご飯の代わりにもち麦と刻んだカリフラワーを使用した冷やし茶漬け>
冷やし茶漬け

「おだしがおいしい もち麦冷し茶漬け(鶏飯風)」は、ご飯を使わずに、もち麦と刻んだカリフラワーを使って約40%糖質をカットした。さば節、宗田かつお節、煮干し、昆布などを使ったこだわりのだしをかけて食べる冷たいお茶漬けとなっている。奄美大島の郷土料理・鶏飯(けいはん)をイメージし、具材には蒸し鶏、錦糸卵、椎茸煮、小松菜、人参、たくあんをトッピングし、様々な食材の食感や味わいが楽しめるという。

<ブラン入りサンド チキン&ベジタブル>
ブラン入りサンド チキン&ベジタブル

「ブラン入りサンド チキン&ベジタブル」は、2012年の「ブランパン」立ち上げから関わったメンバーが開発を担当。自社アンケートで健康意識の高い人は、調理パンに「野菜が食べられること」をあげていたことに着目し、レタスと人参を鶏むね肉に合わせた。糖質30%オフ食パン使用。

<裏切りの一杯 焙煎胡麻のコク!冷し担々麺>
裏切りの一杯 焙煎胡麻のコク!冷し担々麺

「裏切りの一杯 焙煎胡麻のコク!冷し担々麺」と「裏切りの一杯 鶏の旨み!冷し白湯麺」は、麺の量はいつもの量と変わらず、食べ応えはそのままに、糖質40%オフ麺使用した。

「冷し担々麺」は、肉みそ、ナッツ、山椒、えびラー油もやしなどの具材と従来品の約2.5倍の練りごまを使用することで、本格的な担々麺の味付けにした。

<裏切りの一杯 鶏の旨み!冷し白湯麺>
裏切りの一杯 鶏の旨み!冷し白湯麺

「冷し白湯麺」は、鶏の旨みを感じるスープにゆで卵と鶏肉 、さらにアクセントとしてフライドオニオンを加えた。それぞれ糖質オフ麺を使用しながらも、満足感にこだわって開発したという。

関連記事

関連カテゴリー

商品 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧