メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ローソン/生鮮EC「ロピック」導入店、日販4000円の上乗せ効果

2018年10月12日EC

ローソンは10月11日、生鮮EC「ローソンフレッシュピック(ロピック)」を10月中旬までに1200店舗に展開すると発表した。

<生鮮EC「ロピック」>
生鮮EC「ロピック」

「ロピック」とは、生鮮スーパーの食材をアプリで朝注文して、夕方ローソンで受け取れるサービス。

10月中旬までに東京23区の約70%、神奈川全域の店舗で実施していることになる。

人気カテゴリーはミールキット、日配食品、デザート、青果。

同日行われた決算説明会で、竹増貞信社長は「ロピックの注文は1日1店3~4件を目標としている。導入店では日販3000~4000円の上乗せ効果があった」。

「ロピックの利用者は成城石井のチーズケーキなど個別商品から入って、ミールキットへ移行するお客様が続出している。おいしく簡便なミールキットは大人気。ロピックはリアル店舗の強みとスマホというデジタルの便利さを融合させ、さらなる顧客利便性を高めていく」と話した。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月04日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方