小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

楽天、西友/離島へのドローン商用配送サービス開始

EC/2019年06月17日

楽天と西友は6月17日、離島の一般利用者へのドローン商用配送サービスを開始すると発表した。

両社によると、「離島における一般利用者を対象としたドローンによる商用配送サービスは、国内初の取り組み事例となる」(同社)。

<ドローン配送の様子>
ドローン配送の様子
出典:楽天ドローン公開動画からキャプチャー

神奈川県横須賀市内の「西友リヴィンよこすか店」から、観光地である猿島を訪問している一般利用者へ商品を届けるドローン配送サービスを、7月4日から約3カ月にわたって提供するもの。

実施期間は7月~9月の木・金・土曜日で、注文受付開始は各実施日の0時。

利用方法は、注文者自身のスマートフォンに「楽天ドローン」アプリをダウンロードし、楽天IDでログインする。

アプリ内の約400品目の商品から希望の商品を指定し、提示される配送可能時間から受け取り希望時間を選択、「楽天ペイ(オンライン決済)」で支払いを行うと、注文が完了する。

配送ステータスは、アプリ上で確認でき、商品が到着するとアプリのプッシュ通知が届く。配送料は税込500円で、商品代金とは別途加算する。

主な配送商品は、精肉、野菜、酒、飲料、消耗品、絆創膏などの救急用品など、雨天や強風などの悪天候時には運用を中止する。当日の実施可否は、アプリ上で確認できる。

実施日は、運用都合上変更となる可能性があり、変更の場合は、楽天ドローンHPとアプリ上で案内する。

梱包材を含み全体で5kgまでの配送が可能で、救数のドローンを投入して実証実験を行う。実施主体は、楽天と西友で、トライアングルが協力する。

東京湾唯一の無人島である猿島は、年間20万人が来島する人気の観光地となっている。

特に夏場には、バーベキューや海水浴、釣りなどを楽しむため、多くの観光客が訪れる。

今回のサービスでは、猿島を訪れる一般利用者が、楽天のドローン配送サービス「楽天ドローン」の専用アプリをダウンロードしたスマートフォンを使い、対岸に位置する「西友リヴィンよこすか店」で取り扱うバーベキュー用の生鮮品を含む食材や飲料、救急用品など約400品目の商品から注文する。

要冷商品は西友が新たに開発した専用の保冷バッグを使用する。「楽天ドローン」の専用ドローンによって、指定された時間に猿島内に設置したドローン着陸ポートへと配送される。

今回の配送サービスで使用するルートは、主に海上を飛行するため、より安全性を保ったうえでドローン配送を実施することができる。

夏のレジャーを楽しむために来島者が増える夏季期間中に行うことで、ドローンを活用した新たなショッピングの形を、一般利用者に気軽に体感いただける機会となることを期待しているという。

横須賀市では現在、スマートモビリティ(賢い移動運搬手段)を活用した新規ビジネス創出や社会的課題解決を目的とした「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ」を推進している。

サービス提供を通じて、利用者が求める商品層の把握やドローン配送の運用ノウハウを蓄積し、将来的に同市内で地理的な課題を抱える地域における買い物困難者の救済や災害支援へと貢献することを目指す。

「楽天ドローン」は2016年に、ドローン配送ソリューションを提供するサービスとして開始し、企業や自治体と連携した実証実験や試験的なサービス提供を通じて実績を重ねている。

2017年には、福島県南相馬市で約半年間、ドローンを活用した商品配送を実施。2018年には、ドローンとUGV(地上配送ロボット)を組み合わせた配送実験を初めて実施し、日本国内における無人配送ソリューションの早期構築とサービス実用化を目指す。

■ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ
http://www.yrp.co.jp/sukamobi/index.html

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧