メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ZOZO/ファッションコーデアプリ「WEAR」にフリマ機能導入

2022年04月27日EC

関連キーワード:

ZOZOは4月27日、ファッションコーディネートアプリ「WEAR」にアプリ上からファッションアイテムを簡単に出品・購入できるフリマ機能を今夏に導入すると発表した。

<「WEAR」にフリマ機能導入>
「WEAR」にフリマ機能導入

2013年にサービスを開始したWEARは、現在アプリダウンロード数1600万を突破し、1200万件を超える多種多彩なコーディネートが集まるファッションSNS(2022年3月時点)。今回、ファッション特化型ソーシャルコマースで導入するフリマ機能では、WEARアプリのマイページに登録されているファッションアイテムを簡単に出品(販売)できる。

また、他者のコーディネートに使われているアイテムを、「WANT(欲しい)」ボタンから、コーディネートの投稿者が持っているアイテムに対して出品をオファーすることが可能。これにより、例えば憧れのファッショニスタの着用アイテム、欲しかったけど買い逃したアイテムなどに対して、ワンタップで気軽にアイテムへの購買意欲を示すことが可能だという。

<憧れのファッショニスタの着用アイテムも買える>
憧れのファッショニスタの着用アイテムも買える

オファー時に購入希望額を設定すれば、オファーを受けたユーザーが自身の所有アイテムの需要を知り、出品へのモチベーションを高めたり、出品時の価格設定の参考にしたりできる。なお、「WEAR」に出品されたアイテムは、「PayPayフリマ」にも同時出品できるため、幅広いユーザーとファッションアイテムの取引を行える。

WEARが提供するファッション特化型ソーシャルコマースは「ファッション情報の豊富さ」が特長の一つ。同社が保有する膨大なデータをもとに表示される「投稿者の身長」、実際のファッションアイテムを使った「着用コーディネート」「似たアイテムを使ったコーディネート」などにより、着用時のサイズ感、着用・着回しイメージを提供する。さらに、ZOZOTOWN上にデータがあるものに関しては「商品の参考価格」「在庫状況」などの情報を参考にしながら、購入の検討が可能となっている。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方