小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

訪日外国人/2018年の旅行消費額は過去最高の4兆5000億円

行政/2019年01月18日

観光庁は1月16日、2018年の訪日外国人旅行消費額が過去最高の4兆5000億円(速報値)となったと発表した。

訪日外国人(一般客)1人当たり旅行支出は約15万3000円(前年比0.9%減)と推計した。

国籍・地域別にみると、オーストラリアが最も高く(24万2000円)、次いでスペイン(23万7000円)、イタリア(22万4000円)の順で高い。

費目別にみると、買物代(5万1000円)が最も高く、次いで宿泊費(4万6000円)、飲食費(3万4000円)の順で高い。

<訪日外国人旅行消費額の費目別構成比>
訪日外国人旅行消費額の費目別構成比

費目別に訪日外国人旅行消費額の構成比をみると、買物代が34.7%と最も多く、次いで宿泊費(29.3%)、飲食費(21.7%)の順で多い。

前年に比べ、宿泊費と飲食費の構成比が1%ポイント以上増加し、買物代の構成比が2.4%ポイント減少した。

<国籍・地域別の訪日外国人旅行消費額と構成比>
国籍・地域別の訪日外国人旅行消費額と構成比

国籍・地域別に訪日外国人旅行消費額をみると、中国が1兆5370億円(構成比34.1%)と最も大きい。

次いで、韓国5842億円(13.0%)、台湾5839億円(13.0%)、香港3355億円(7.4%)、米国2890億円(6.4%)の順であり、これら上位5カ国・地域で全体の73.9%を占める。

従来は消費額の調査を空港を中心として行っていたが、短期滞在の傾向があるクルーズ客の急増を踏まえ、昨年からこうした旅客を対象とした調査も行い、年別の調査結果としては今回から反映した。

仮に、従来ベースの推計方法で昨年の旅行消費額を推計すると、4兆8000億円となり、同じ方法で推計した前年に比べ8.7%増加したことになる。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧