メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

クオール/京王八王子店に健康情報管理基盤を導入

クオールは6月13日、東京都八王子市の「QOLサポートクオール薬局京王八王子店」に、富士通が構築した健康情報管理基盤を導入し、「健康サポート薬局」を目指すモデル店舗とすると発表した。

<健康サポート薬局のイメージ>
健康サポート薬局のイメージ

「QOLサポートクオール薬局京王八王子店」に健康情報管理基盤を導入し、6月17日に開催する第1回健康フェアを皮切りに、薬剤師や管理栄養士による健康相談やセミナー、さまざまな機器測定を通じて得られた健康情報を一元的に管理し、広く地域の人々の健康サポートに向けたきっかけづくりや効果的なアドバイスを行う。

富士通は、従来より培ってきたデータ管理基盤をベースに、強固なセキュリティのもと、利用者の服薬履歴や健康情報などが収集できる健康情報管理基盤を富士通のクラウド上に開発した。

今後は、富士通の実績あるヘルスケアソリューションとの連携なども視野に、「健康サポート薬局」の新しい取り組みを支援する。

クオールでは、利用者のスマートフォンを活用し、日々の運動量や食事などの情報も健康情報管理基盤に集約する予定だ。

他店舗にも展開し、利用者の共通した情報がどの店舗でも閲覧できる仕組みづくりに取り組む。

地域内の医療機関や介護施設などと健康情報の集約・共有を実現する富士通の地域医療ネットワーク「HumanBridge(ヒューマンブリッジ)EHRソリューション」との連携も検討し、行政やその他小売業も含めた地域社会と密接に連携した新たな薬局を目指す。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月24日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方