小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

スターバックス/アプリで事前注文、軽減税率対応も視野

スターバックス コーヒー ジャパンは6月26日、東京都内56店舗で公式アプリを通じて事前注文できる「モバイル・オーダー&ペイ」を導入する。6月25日マスコミ向け体験会を開催した。

<「モバイル・オーダー&ペイ」を導入>
オーダー&ペイ

「モバイル・オーダー&ペイ」は、ロイヤリティプログラム「スターバックス リワード」会員専用のサービス。

<アプリを通じ事前に商品を注文>
事前に商品を注文

アプリを通じ事前に商品を注文できるため、レジの列で待つことがなく、待ち時間の緩和や時間の有効活用につながる。

<左から森井CMO、濱野デジタル戦略本部長>
森井CMO、濱野デジタル戦略本部長

森井久恵チーフ・マーケティング・オフィサーは、「忙しく、待ち時間を短縮したいビジネスパーソンの多い丸の内エリアなどからサービスを導入する。今秋予定の消費税増税による軽減税率適用で、カフェニーズに変化が予想される。持ち帰りが選択肢として注目が集まっており、消費者ニーズも視野に入れて対応している」と説明した。

<対象は約40品目>
対象は約40品目

対象商品は、「ドリップコーヒー」「コーヒーフラペチーノ」「ティーラテ」など定番を中心に約40品目となっている。

導入される56店は、ビジネスパーソンの多い丸の内などビジネス街、週末の家族利用を見込んだ、イオンモール多摩平の森店など郊外店の2種の地域で開始する。

2019年中に300店、2020年内の全国展開を目指している。

すでに、アメリカ、韓国、カナダ、香港、イギリス、中国などで実施しており、アメリカ、韓国ではアプリによる事前オーダーが注文の約16%を占めており、売上増に効果をあげている。

濱野努デジタル戦略本部長は、「当社の調査によると、10人に1人がスターバックスが混雑していたため、利用しなかったとしており、事前注文でスムーズなスターバックス体験を提供する。アプリによるシームレスな操作性、スピーディな商品受け取りができる」。

「クリーム、チョコチップの追加などカスタムも事前にできるため、店が混雑しているのでカスタムをためらっていた方にも、気軽に自分好みのカスタマイズを楽しんでいただける」としている。

利用方法は、「スターバックス リワード」アプリをダウンロードし、会員登録する(6月26日最新バージョンに刷新)。ホーム画面で、「オーダーする」をタップ。

<店舗を選択>
店舗を選択

注文したい店舗を店舗一覧か地図で選び、決定する。店舗画面では待ち時間の目安も表示される。

<商品を選ぶ>
商品を選ぶ

次に、商品、サイズ、カスタマイズの仕様を選択し、決済する。

決済は事前に入金してある登録済のスターバックスカードからのみとなっており、「スターバックス リワード」プログラムのポイント「スター」が貯まる仕組み。

<コーヒーの産地と番号で表示される>
コーヒーの産地と番号

注文は、ルワンダ、ウガンダなどコーヒーの産地と番号で表示され、商品が用意できるとプッシュ通知で知らせてくれる。

<プッシュ通知で知らせてくれる>
プッシュ通知

最大5品まで注文できる。

<「ワンモア・コーヒー」がEチケットに>
ワンモア・コーヒー

さらに、「ドリップコーヒー」を注文した際、紙のレシートで行っている2杯目のコーヒーが100円になる「ワンモア・コーヒー」が、Eチケットしてペーパーレスで配信される。

今後、フードなど対象商品の拡大、予約時間の指定など機能の拡充を図っていく。

2019年3月末でスターバックスの日本の店舗は1434店、年間100店程度の出店を続けており、2021年1700店舗を目指している。1週間の来客数は500万人以上で、現在まで日本のリワード会員は約430万人となっている。

■公式モバイルアプリ
https://www.starbucks.co.jp/mobile-app/?nid=pu_02

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧