小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

スマホ決済利用率/2位「PayPay」、3位「楽天ペイ」

ジャストシステムは7月18日、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年6月度)」の結果を発表した。

スマートフォンを活用した決済サービスや電子マネーの利用者に、利用しているサービスを聞いたところ、「LINE Pay」が最も多く(41.2%)、次いで「PayPay」(38.8%)、「楽天ペイ」「楽天Edy」(ともに30.6%)となった。女性では「LINE Pay」を利用している人が最も多く(50.4%)、男性は「PayPay」(38.4%)だった(複数回答あり)。

<利用しているスマホ決済機能>
利用しているスマホ決済機能

実店舗で利用する現金以外の支払い方法として最も多くの人から挙がったのは「クレジットカード」(81.6%)、続いて「カード型電子マネー」(49.7%)、「商品券・ギフト券」(32.7%)だった。「スマートフォンの決済(端末をかざすことで決済できる)機能」を利用している人の割合は27.4%で、2018年6月度調査(16.3%)から大幅に増加した。20代、30代、40代では、3割を超えた(20代:32.3%、30代:30.8%、40代:33.9%)複数回答あり。

ECで買いたい商品を探す方法として最も多くの人から挙がったのは「特定のECサイトやアプリで検索」(47.6%)、次いで「商品自体をGoogleやYahoo!で検索」(31.9%)、「ECサイトをGoogleやYahoo!で検索し、ECサイトの検索機能で探す」(17.0%)だった。

EC利用者にECでよく買い物をする時間帯を聞いたところ、「21時~22時台」が最も多く(37.2%)、次いで「19時~20時台」(13.6%)、「23時~24時台」(11.4%)となった。

EC利用者に、ECでの「商品の探し疲れ」について聞いたところ、「探し疲れて購入を諦めたことがある」人は46.4%、「探し疲れたことはあるが、購入を諦めたことはない」人は30.4%、「探し疲れたことはない」人は20.5%だった。「探し疲れて購入を諦めたことがある」人の割合を男女別に見てみると、男性は42.3%に対し、女性は52.4%で、女性の場合は半数を超えることが分かった。

調査は、Fastaskのモニタのうち17歳~69歳の男女1100名を対象に6月24日~29日に、セルフ型ネットリサーチFastaskでのアンケート調査を活用して実施した。

■Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年6月度)
https://marketing-rc.com/report/report-ecmonth-20190718.html

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧