小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ZOZO/AI活用した「類似アイテム検索機能」開始

ZOZOは8月26日、AIを活用し、各商品画面からユーザーが閲覧する商品と似ている商品を検索できる、「類似アイテム検索機能」の提供をZOZOTOWNで開始した。

<類似アイテム検索機能>
類似アイテム検索機能

同機能の開発は、ZOZOTOWNやWEARなどZOZOグループが運営するサービスの技術開発を担う、ZOZOテクノロジーズが行った。各商品画面上にある「画像検索アイコン」をタップするだけで、閲覧中の商品の形・質感・色・柄などをもとに、AIが似ている商品を検出し、一覧で表示する。

1つの商品を起点として、「これと似た色の服をチェックしたい」「こんな柄の服がほしい」などの検索ニーズがある一方、ファッションアイテムは、色や形などを表現する言葉が人によって異なる場合が多く、色やキーワードなどの検索だけでは、イメージする商品にたどり着けないことがある。

同機能により、ユーザーは商品の再検索の必要なく、ニーズに合う類似商品の見比べが可能となる。例えば、商品は気に入ったものの、サイズ・値段・細かな仕様など「あと一歩」の理由で購入に至らない際にも、ニーズに合う商品との出会いをアシストする。

実際に、数万人のユーザーを対象に行った本機能の先行テストの結果では、利用者は非利用者に比べサービスの滞在時間が4倍以上長く、利用率の向上につながっている。

現在はジャケット・トップス・パンツ・シューズなど、全25カテゴリー中の主要8カテゴリーに対応。330万点以上の商品から、「似ている商品」が検出できる。カテゴリーや商品数は、順次拡充していく。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧