流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





JR九州/博多駅のパン屋「トランドール」に画像認識AIレジ

2019年08月27日 15:30 / IT・システム

JR九州グループのトランドールは9月5日、ブレインが開発した画像認識AIレジ「BakeryScan」、セミセルフレジ4台をトランドール博多駅店に導入する。

<BakeryScan>
BakeryScan

「BakeryScan」は、レジカウンターにトレイを載せると、カメラがパンをスキャンして、形状・色から種類を判定し、商品名・単価・合計金額を表示する。

セミセルフレジで顧客がレジ表示金額を直接精算し、店舗スタッフの現金取扱いが解消されるため、衛生面も向上し、スピーディに会計できる。

<会計の流れ>
会計の流れ

トランドール博多駅店は、規模・利用客数で九州最大の博多駅に立地し、一日平均3200人が利用している。レジ精算時のオペレーション時間を短縮することで、レジストレス緩和を図り、利便性向上を図っていく。

関連記事

関連カテゴリー

IT・システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧