小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

サツドラなど/AIカメラで混雑状況・マスク着用確認

北大発ベンチャー、AIカメラソリューションを提供するAWL(アウル)は4月27日、「AWL Lite with新型コロナ対策ソリューション」を開始した。

AIアルゴリズムを開発する調和技研、AIボイスレコーダー開発を手がけるティ・アイ・エルと連携して、提供するもの。「サツドラ」での導入、凸版印刷株式会社 トッパン小石川ビルエントランスでの実証実験を経て正式にリリースする。

「AWL Lite」は、独自開発のAIエンジンを搭載した、7インチ型、10インチ型、STB(セットトップボックス)型の端末。SIMも内蔵されているため、店舗などに端末を置くだけで、すぐに利用できる。

<「サツドラ」などで導入>
「サツドラ」などで導入

同AIエンジンは、端末内蔵のカメラ映像を分析することで、来店人数のカウント、性別・年齢の推定、マスクの着用有無などを推定し、同時に店内の混雑状況を予測する。

分析に使用したカメラ映像は端末などに保存されることなく、破棄される。分析により個人情報等に相当するデータが生成されることはないという。

さらに、今後社会的距離(ソーシャル・ディスタンス)の測定、特定の場所における人口密度の計測、来店者、従業員のアルコール消毒実施の検知、発熱検知などの機能も拡張していく。

「AWL Lite with新型コロナ対策ソリューション」の提供価格は、初期費用(端末台込み)で税別6万5000円から、月額費用は1台4000円(SIM通信料込み)となり、新型コロナ対策機能(オプション)については、支援キャペーンとして「無料」で提供する。

<AWL Lite商品ラインナップ>
AWL Lite商品ラインナップ

■問い合わせ先
AWL(アウル)
担当者名:藤松、打田
TEL:03-6380-8669
Email:info@awl.co.jp

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧