メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ローソン×KDDI/スマホの位置・購買情報活用で特典・値引き配信

KDDIとローソンは9月24日~10月31日、au IDに紐づく属性情報や位置情報、決済情報などのビックデータとローソンの購買情報に基づき、顧客のニーズと状況に合わせた特典提供と、店舗の状況に応じた値引き情報の配信を行う実証実験を行う。

近年、小売業界ではデジタルシフトが加速し、モバイルオーダーなどネットとリアルを融合した新たな消費体験が浸透。今回の実験では、全国1万3700店舗で、(ナチュラルローソン、ローソンストア100のぞく)顧客ニーズと店舗の在庫状況に応じて、顧客ごとの特典をau PAYアプリを通じて、店舗周辺に来店しそうな時間に告知する。

<顧客ごとの特典をau PAYアプリを通じて告知>
顧客ごとの特典をau PAYアプリを通じて告知

例えば、20~40代の働く女性向けに帰宅途中のタイミングで、来店前にデザートのおすすめ告知を行い、商品を購入する特典として最大100Pontaポイントを還元する。

また、合わせて、店舗の廃棄ロス削減も目指す。

<店舗の廃棄ロス削減も目指す>
店舗の廃棄ロス削減も目指す

10月2日から、例として、夕方夜間の時間を中心に消費期限が近付いた商品(弁当、おにぎり、調理パン、調理麺、ベーカリー、デザートなど)を最大50%オフする値引き情報を対象顧客のau PAYアプリにプッシュ配信する。

店舗単位の施策により、個店のマーケティング施策の効果を検証。埼玉県内10店舗で実施する予定だ。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月25日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方