流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





DNP/体験型店舗の構築支援、リアル・リモート接客、購買行動分析も対応

2021年05月26日 14:30 / IT・システム

  • 関連キーワード
  • CX
  • DNP

大日本印刷(以下:DNP)は5月26日、リアル店舗ならではの顧客の体験価値(CX:Customer Experience)、満足度を高める次世代店舗の構築・運営を支援するサービスをパッケージ化して提供を開始した。

<体験型店舗構築を支援>
体験型店舗構築を支援

コロナ禍をきっかけの一つとしてECでの買物がさらに増加するなかで、生活者がリアルな店舗に求める役割も変化している。リアル店舗だからこそ可能となる買物体験、企業ブランドの体験などに特化した店舗の需要が増加している。

DNPは、独自の「P&I」(印刷と情報)の強みを生かし、ECとリアル店舗の双方に対して、新しい買物のスタイル・体験を生活者に提案する「ストアDX」を提供している

今回の取り組みは、センシング機器などで取得するデータ、非対面のリモート接客に必要な技術とノウハウ、顧客の体験価値を高める施策などを組み合わせて、次世代の店舗づくりに取り組む企業が簡単・迅速に導入できる各種サービスをパッケージ化したもの。

パッケージは、大・中・小という店舗の規模に応じた基本フォーマットを用意した。リアル店舗での対面接客と、オンライン接客ツールを利用したリモートで対応する「ハイブリッド接客」サービス、生活者の購買行動に基づいて、CX向上の売り場づくりを目指した店舗の空間設計から施工の実施、来店客の行動・接客会話データを取得・分析する仕組みで構成している。

接客面では、店舗でのCX施策を担当するプロフェッショナルな接客人材を手配。各企業の店員に対して、必要な研修・教育を行う。

ニューノーマル(新常態)の構築が求められるなかで、生活者からのさまざまな要望に応えるオンライン接客にも、「次世代店舗づくり支援パッケージ」に関する経験が豊富な推進チームを組織化して対応する。

また、「DNP店舗内CX解析サービス」を活用し、店内に設置したカメラ・マイクで、来店客の行動データ、店員との対話の音声データを取得し、潜在的な購買意識(インサイト)を分析して、複数の情報を表示するダッシュボードで可視化して企業に提供する。

参考価格は大7000万円から、中3500万円から、小2500万円からとなっている。

<導入規模別価格イメージ>
導入規模別価格

■問い合わせ先
https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/list/marketing.html

関連記事

関連カテゴリー

IT・システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧