メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ジョリッティ/「大人のジェラート」カフェで売上1億5000万円を目指す

2021年09月16日店舗レポート

P-UP World(ピー・アップワールド)は9月15日、9月17日に有楽町マルイ(東京都千代田区)にオープンするジェラートカフェダイニング店「Giolitti Cafe(ジョリッティカフェ)」の内覧会を開催した。

<ジョリッティカフェ>
0916gl1 - ジョリッティ/「大人のジェラート」カフェで売上1億5000万円を目指す
ジョリッティカフェは、イタリアのジェラート店「Giolitti(ジョリッティ)」のローマ本店が展開するジェラート販売に加え、パスタなどのイタリア料理を提供する。

<ローマ本店に似せたトロ感のある店内>
0916gl2 - ジョリッティ/「大人のジェラート」カフェで売上1億5000万円を目指す
店内は、木目を生かしたアンティーク調のテーブルなどを配置してレトロ感を演出した。

<テンダ(左)と壁に展示する写真>
0916gl3 - ジョリッティ/「大人のジェラート」カフェで売上1億5000万円を目指す
また、「テンダ」と呼ばれる装飾品を施し、ジョリッティの歴史などをイメージさせる写真を壁に展示するなど、ローマ本店に近い店づくりを行った。

料理は、前菜、パスタ、リゾット、メイン、ドルチェをそろえ、日本人の味覚に合うようアレンジした完全オリジナルのものを提供する。

<ローマ風スパゲッティカルボナーラ>
0916gl4 - ジョリッティ/「大人のジェラート」カフェで売上1億5000万円を目指す
メニューでは、「ローマ風スパゲッティカルボナーラ」(税込1540円)を一押し料理にする。パンチェッタ(豚のバラ肉)とパルメザンチーズ、全卵を使ったローマスタイルのパスタで、卵でコクを出しており、チーズの香りをダイレクトに楽しめるという。

<手長エビのトマトクリームソース パッパルデッレ>
0916gl5 - ジョリッティ/「大人のジェラート」カフェで売上1億5000万円を目指す
そのほかのパスタは「手長エビのトマトクリームソース パッパルデッレ」(1760円)などを用意する。

<Tボーンステーキ>
0916gl6 - ジョリッティ/「大人のジェラート」カフェで売上1億5000万円を目指す
メイン料理では「Tボーンステーキ」(500g、5500円)を売りにする。牛ヒレ肉を使ったイタリアンスタイルのステーキで、塩とレモンで味付けをした。

<真イワシの香草レモンマリネ 蕪のピューレ添>
0916gl7 - ジョリッティ/「大人のジェラート」カフェで売上1億5000万円を目指す
前菜は「真イワシの香草レモンマリネ 蕪のピューレ添」(1100円)などを提供。リゾットは「本日のリゾット」(1540円~)を味わうことができる。

<マリトッツォ・コン・パンナ(白はプレーン、緑の粒はピスタチオ、赤の粒はラズベリー)>
0916gl12 - ジョリッティ/「大人のジェラート」カフェで売上1億5000万円を目指す
ドルチェは、ブリオッシュ生地を使ったイタリアの菓子「マリトッツォ・コン・パンナ」(税別550円)、「北海道産リコッタチーズケーキ フルーツジェラート添」(税込990円)、「ガーナ産ガトーショコラ マンゴージェラート添」(990円)などを用意した。

<1番人気のピスタチオをはじめとするジェラート>
0916gl8 - ジョリッティ/「大人のジェラート」カフェで売上1億5000万円を目指す
一方、ジェラートは、1番人気の「ピスタチオ」や、日本初となる「イチジク」「マロングラッセ」「バナナ」に加え、「ミックスベリー」「ヘーゼルナッツ」「ミルク」「バニラ」などの味をそろえた。

<「ジェラートコーン」のダブル>
0916gl9 - ジョリッティ/「大人のジェラート」カフェで売上1億5000万円を目指す
ジョリッティのジェラートは、粘り気があり、素材の味を生かした濃厚な味わいが特長。販売は、コーンタイプの「ジェラートコーン」(シングル:702円、ダブル:810円、トリプル:918円)とカップタイプの「ジェラートカップ」(ダブル:756円、トリプル:864円)で行う。

<フランチェスコ・タリアラテーラ エグゼクティブ兼チーフパストリーシェフ>
0916gl10 - ジョリッティ/「大人のジェラート」カフェで売上1億5000万円を目指す
「ジョリッティが出すのは、ローマの家庭料理。食事もジェラートも質がよいものを毎日提供する」と、日本の店舗の料理を統括する、フランチェスコ・タリアラテーラ エグゼクティブ兼チーフパストリーシェフは料理の特長について述べた。

ジョリッティは、1900年にジュゼッペ・ジョリッティ氏がイタリアで創業した老舗のジェラート店。日本ではピー・アップワールドが総代理店となり店舗を展開する。6月25日にはルミネエスト新宿(東京都新宿区)に、ジェラート専門の日本1号店をオープン。開店後は一週間で3000食以上を販売した。

<中込正典・ピー・アップワールド社長>
0916gl11 - ジョリッティ/「大人のジェラート」カフェで売上1億5000万円を目指す
中込正典ピー・アップワールド社長は「スイーツでのビジネスを考えていた時に、ジョリッティが日本に進出しようとしていることを知り、イタリアの駐日大使を通じてローマの本店に行き話をしたところ、日本でも現地と同じものを食べられることがわかった。これならやれると思った」と、ジョリッティと手を組んだ経緯を説明した。

また、今回、カフェ業態で有楽町マルイに出店した理由ついては「日本ではジェラート版のカフェがまだなく、やってみようと思った。そこで、ベーカリーがあったり、パスタを提供していたりするジョリッティのローマ本店のスタイルを持ってきた。日本のカフェは『大人のジェラート』を意識した店で、30~40代をターゲットにするため、場所を銀座にこだわった。そんな中、付き合いのある丸井からオファーがあり、有楽町マルイに出店することにした」と話した。

ピー・アップワールドでは、ジョリッティカフェの売り上げを年間で1億5000万円に見込む。客単価は2000円で想定している。今後は、有楽町の店舗のオープンから半年間の運営動向を見て、ビジネスとして成立するようであれば、カフェ業態の店舗を「銀座と同じような大人の街への出店で検討する」(中込社長)という。

■ジョリッティカフェ
所在地:東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町マルイ3階
営業時間:11時~20時
定休日:施設に準じる
席数:70席
アクセス:JR山手線 有楽町駅中央口改札から徒歩1分
https://giolitti.jp/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年10月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方