小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ニトリ/11月の既存店6.9%減、家具中心に増税の影響

ニトリ(2019年2月期売上高:6081億円)が発表した11月の月次国内売上高前年比によると、既存店の売上高は前年同月比6.9%減、客数2.0%減、客単価5.0%減となった。

<ニトリの家具売場>
ニトリの家具売場

全店は、売上高4.5%減、客数1.7%増、客単価6.1%減だった。

11月度は、気温の低下とともに秋冬物の寝具・寝装品の売上が伸長したほか、キッチン用品や洗濯・清掃用品が堅調に推移したものの、消費税増税の影響が家具を中心に出る形となった。

出店5店、退店0店、月末店舗数は526店となった。

11月度は10月21日~11月20日で、10月25日とりせん栃木店(栃木県)、アクロスプラザ市原更級店(千葉県)、デコホームおのだサンパーク店(山口県)を出店。11月12日デコホームイオンタウン四日市泊店(三重県)、11月13日LINKS UMEDA店(大阪府)を出店した。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧