流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





日本生協連/11月の総供給高0.8%増、2カ月連続の前年超え

2022年12月21日 11:20 / 月次

日本生活協同組合連合会(日本生協連)が12月21日に発表した全国65主要地域生協の11月の供給状況(速報値)によると、総供給高は2443億3500万円(前年同月比0.8%増)で、2カ月連続の前年超えとなった。

<主要地域生協の11月度実績>

部門 前年比 総供給高に対する構成比
総供給高 0.8%増
店舗 2.2%増 31.3%
宅配 0.1%増 66.4%
その他供給高 0.1%増 2.3%

内訳は、店舗765億6100万円(2.2%増)、宅配1621億5200万円(0.1%増)、宅配のうち個配1190億6400万円(0.6%増)だった。その他供給高は56億2100万円(0.1%増)。

物価上昇により店舗・宅配ともに前年を越えた。両業態ともに前年超えとなるのは8カ月ぶりだった。

店舗は2カ月連続の前年越えとなっている。部門別では、生鮮3部門、総菜、日配品、加工食品・菓子で前年を上回っている。

宅配は、6カ月ぶりに前年を越えた。宅配の主力でもある冷凍食品を含む幅広い品目で値上げが行われ、1点単価が上昇傾向にあることなどが影響したという。

■日本生協連の関連記事
日本生協連/10月の総供給高0.4%増、5カ月ぶりの前年超え

関連記事

関連カテゴリー

月次 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧