メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

イー・ロジット/DX、小売の物流センター改革を解説2月16日開催

2021年01月28日セミナー

関連キーワード:

イー・ロジットは2月16日、DX、物流改革などをテーマにした「新春セミナー2021」を開催する。

<DX、小売の物流センター改革を解説>
20210128rojit 728x411 - イー・ロジット/DX、小売の物流センター改革を解説2月16日開催

自粛・巣ごもり需要でEC通販が拡大し、企業は事業維持・成長のためにサービスや社内システムのオンライン化・デジタル化が必須となった。

デジタル化は、もはや「事業生存の条件の一つ」になってしまったと言える。

新春セミナー2021では、「デジタル化の一つの解答を熟知した専門家」として、デジタルシフトウェーブの鈴木康弘社長が登壇。セブンネットショッピングの前身であるイー・ショッピングブックスを設立し、現在はデジタルシフトウェーブで企業のデジタル化を推し進める同氏が、「デジタル化のあるべき姿」について語る。

また、イー・ロジットの角井亮一チーフコンサルタントは、急速な変化が起きている小売の物流センターの改革について説明する。

例年、100人近く来場するセミナーだが、2021年は、会場(定員50%未満の40人)とオンライン(ZOOM)のハイブリッドで開催する予定だ。

■開催概要
開催日時:2月16日(火)12:55~
会場:東京都千代田区神田練塀町3富士ソフトアキバプラザ6階、オンライン(ZOOM)
定員:アキバプラザ40人
受講料:1人税別2万8000円(イー・ロジットクラブ登録企業4000円)、2人4万5000円(同8000円)、3人5万7000円(同3万6000円)

■詳細・申込はこちら
https://www.e-logit.com/newyear2021/

■プログラム
12:55~13:00 
開会の辞

13:00~13:40
「リアル小売の物流センター改革2021」
イー・ロジット角井亮一チーフコンサルタント

13:50~14:30
「2021年加速化するデジタル変革の展望~デジタルシフト成功の具体的戦略~」
デジタルシフトウェーブ代表取締役社長
鈴木康弘氏

14:30~14:50 
鈴木康弘氏、角井亮一チーフコンサルタント対談

14:50~15:00
お知らせ、ご案内、閉会の辞

(イー・ロジットクラブ登録企業限定)
15:20~16:10 
新春特別対談「心に人を付ける“トーチング”とは」
トーチリレー神保拓也代表取締役、角井亮一チーフコンサルタント対談
「心に人を付ける“トーチング”とは」をテーマに、神保氏が「トーチング」に込めた思いやその考え方や実例について、チーフコンサルタントの角井が聞き手として、展開する。

■講師
デジタルシフトウェーブ代表取締役社長
鈴木康弘氏
1987年富士通に入社。SEとしてシステム開発・顧客サポートに従事。1996年ソフトバンクに移り、営業、新規事業企画に携わる。1999年ネット書籍販売会社、イー・ショッピング・ブックス(現セブンネットショッピング)を設立し、代表取締役社長就任。
2006年セブン&アイHDグループ傘下に入る。14年セブン&アイHD執行役員CIO就任。 グループオムニチャネル戦略のリーダーを務める。15年同社取締役執行役員CIO就任。2016年同社を退社し、2017年デジタルシフトウェーブを設立。
同社代表取締役社長に就任。 デジタルシフトを目指す企業の支援を実施している。SBIホールディングス社外役員、日本オムニチャネル協会 会長、学校法人電子学園 情報経営イノベーション専門職大学 客員教授を兼任。
著書: 「アマゾンエフェクト! ―「究極の顧客戦略」に日本企業はどう立ち向かうか」(プレジデント社)

イー・ロジット
角井亮一チーフコンサルタント
1968年10月25日大阪生まれ、奈良育ち。現在、東京日本橋に在住。
上智大学経済学部経済学科で、3年で単位取得終了し、渡米。ゴールデンゲート大学からマーケティング専攻でMBA取得。帰国後、船井総合研究所に入社し、小売業へのコンサルティングを行い、1996年にはネット通販参入セミナーを開催した。その後、光輝物流に入社し、物流コンサルティングを実施した。代表成功事例は、東証一部企業の物流センターを、日本初のゲインシェアリング(成功報酬型アウトソーシング)で、まるごとBPOで受託した例。
2000年2月14日、イー・ロジット設立、代表取締役に就任。イー・ロジットは、現在300社以上から通販物流を受託する国内NO1の通販専門物流代行会社であり、200社の会員企業を中心とした物流人材教育研修や物流コンサルティングを行う。
またライトヴァンというアーティストグッズ販売を行う会社を経営し、2015年、再配達撲滅するための生活アプリを開発するウケトルを立ち上げ、タイではSHIPPOPという物流IT企業をタイ最大のネット通販会社Tarad.com創業者のPawoot (Pom) Pongvitayapanuと共同で立ち上げた。
現在、日本語だけでなく、英語、中国語(簡体、繁体)、韓国語、ベトナム語でも書籍を累計33冊以上出版。最新刊「物流革命2021」(日本経済新聞社)監修

トーチリレー
神保拓也代表取締役
1981年、神奈川県横須賀市生まれ。ファーストリテイリングにて、グループ執行役員グローバルサプライチェーンマネジメント担当、並びに物流戦略子会社であるオンハンド代表取締役として、倉庫の自動化プロジェクトを推進。また、全社改革を推進する「有明プロジェクト」をリードし、史上最年少で上席執行役員・社長直轄プロジェクト担当に昇格。その後、2020年にトーチリレーを設立。現在は以下のような理念の下、経営を行なっている。

■問い合わせ先
イー・ロジット コンサルティング事業室
セミナー事務局
TEL:03-3527-1213

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年06月16日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方