小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

小田急/海老名駅に商業施設

小田急電鉄は4月2日、海老名駅東口に直結した(仮称)小田急海老名駅東口ビルの建設に着手した。

<ペデストリアンデッキから見たビルのイメージ>

同ビルは、来年10月にオープンの予定で、1~4階が商業施設、5~11階が賃貸住宅となる地上11階建の複合施設で、2階部分を駅コンコースやペデストリアンデッキと直結する。

商業施設は、延床面積約6473㎡で、物販、飲食、サービス店舗などのテナントを予定している。

海老名駅東口の大型複合施設「ビナウォーク」、駅ナカ商業施設「小田急マルシェ海老名」と一体の商業エリアを形成しながら、海老名駅の新たなランドマークを目指す。

■(仮称)小田急海老名駅東口ビルの概要
所在地:神奈川県海老名市中央1-2
敷地面積:約3,536㎡
延床面積:約15,859㎡
構造
本棟:鉄筋コンクリート造地上11階建
駐輪・駐車場棟:鉄骨造地上4階建
延床面積:約4075㎡
駐輪台数:252台
駐車台数:106台

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧