小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

日本のワイン市場/消費量10年間で1.5倍、「日本ワイン」出荷量5.2%増

メルシャンが6月29日発表した日本国内ワイン市場調査によると、2016年の消費数量は、前年を下回ったものの、2006年比では約1.5倍に拡大した。

<2016年の消費数量推移>
2016年の消費数量推移

日本のワイン市場は、赤ワインの爆発的人気により大きな消費を生んだ第6次ワインブームの消費数量を超えて拡大中となっている。

2017年課税(出荷)数量は、前年を3.3%増と上回った。10年前と比較すると約1.6倍に拡大した。

<国別スティルワイン輸入数量上位5か国>
国別スティルワイン輸入数量上位5か国

また、2017年のチリワインの輸入数量は約5.6万キロリットルで、3年連続で国別輸入数量第1位となり、過去最高を更新した。

輸入ワイン全体に占める構成比も、チリワインが31.0%と10年間で22.2%増加した。

017年のスパークリングワインの輸入数量は約3.6万キロリットルで、2010年以降8年連続で拡大している。

国別輸入量第1位は、日本でも人気がある「シャンパン」の生産国でもあるフランスで、全体の37.8%を占めている。

<日本ワイン出荷量推移>
日本ワイン出荷量推移

2017年11月の国税庁調査では2016年の日本ワイン出荷量は、約1.6万キロリットルで前年より5.2%増加した。国内のワイン流通量の構成比では4.8%となっている。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

PR記事

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧