小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

アリオ札幌/大規模改装でキッズ&フードコート一新、客席766席

セブン&アイ・ホールディングスは7月25日、札幌市の「アリオ札幌」を大規模改装しグランドオープンする。

<アリオの森イメージ>
アリオの森イメージ

2005年11月にオープンし、開業13年目を迎えるにあたり、専門店の半数以上を一新する。専門店114店中、新規導入21店、移設・改装43店、計64店を刷新する。

新たに1階のイトーヨーカドー食品売場や専門店街にイートインを新設し、買い物がしやすい食関連エリアにリニューアルする。

<2階キッズ&ファミリーフロア>
2階キッズ&ファミリーフロア

2階は「キッズ&フードコート」のフロアで、全体を改装し、札幌の自然を感じさせる大きな森をイメージした「アリオの森」として木々や動物、ナチュラルな素材を使用した楽しくやわらかな空間を演出する。

<フードコート横の赤ちゃん休憩室>
フードコート横の赤ちゃん休憩室

フードコート横には滑り台やスポンジ遊具等を設置した「仲良し広場」や「赤ちゃん休憩室」を展開し、家族でゆっくりと過ごせる空間を提案する。

フードコートのコンセプトは、キッズコンシャスで、「タリーズコーヒーキッズコミュ」や「Mr.チャーハン」「らあめん花月嵐」などの新規飲食専門店を拡充した。

<小上がりのイメージ>
小上がりのイメージ

客席を増設し計766席に拡大し、小さな子ども連れのファミリーに嬉しい「小上がり」を新設する。

赤ちゃん本舗、ベビーザらス・トイザらスがリニューアルするほか、新規5店が出店する。

広くなりゆったり遊べるハイハイ広場、ゲーム機やレストスペースを配置したひだまり広場で、森の中で親子がくつろげる空間を提案する。

<ハイハイ広場>
ハイハイ広場

3階は、GUなどの新規ファッション専門店の出店や、フロアスペースを有効に活用したウォーキングコース「Ario WALKING」を設置する。

モールコンコースに1周250mのウォーキングコースを設け「歩く」楽しさを提案する。雨や冬の天候でも安心して、買い物ついでに楽しめる。

ウォーキング前のストレッチ案内、ひとやすみできるレストスペースや身軽にウォーキングできるように無料コインロッカーも用意する。

<Ario WALKINGのイメージ>
Ario WALKINGのイメージ

インバウンドサービスも向上させ、総合案内所であるインフォメーションカウンターには、「多言語表記のフロアガイド」(英語・中国簡体字・中国繁体字・韓国語)を用意し、タブレット端末の翻訳ソフトで問合せに対応する。館内サインやデジタル案内板にも多言語表記をした。

カウンターの隣には新たに「外貨両替機」を設置し、無料で利用できるWi-Fiスポットも館内に完備した。

11月には、最寄りの苗穂駅の移設改修が予定されており、駅から徒歩11分が7分に短縮されアクセスが向上し、ますます地域の生活に寄り添った店づくりを目指す。

■施設概要
所在地:札幌市東区北7条東9-2-20
敷地面積:約72,182㎡
売場面積:約40,450㎡
建物店舗:地上1F~地上3F
駐車台数:2,670台
駐輪台数:1,070台
専門店・ブランド店合計114店(内新規21店)
営業時間:イトーヨーカドー1F9時~22時、2F・3F21時閉店
専門店(専門店及び2Fフードコート)10時~21時
専門店(1Fレストラン街)11時~22時
スパ・レジャー館10時~21時
※ルネサンス・一部店舗では営業時間が異なる

■アリオ札幌
http://www.ario-sapporo.jp/web/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧