小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ライフ/江戸川区に「本一色店」少人数世帯に対応「冷食」強化

店舗/2019年07月18日

ライフコーポレーションは7月24日、江戸川区に「ライフ本一色店」をオープンする。売場面積は1235m2で、目標年商は18億5000万円。

<ライフ本一色店>
ライフ本一色店

JR総武線「新小岩」駅から東へ1㎞の住宅地に出店する。店舗から1km圏内は単身世帯比率が43.0%、2人世帯比率は24.8%と、全体の7割弱が少人数世帯。年齢別人口構成は70代が16.6%と最も高く、次いで40代が16.3%となっている。出店により、店舗数は273店(首都圏119店、近畿圏154店)となる。

<店舗レイアウト>
店舗レイアウト

少人数世帯向けに使い切れる少量目から、ニューファミリーにおすすめの大量目までお客が買い求めやすいようさまざまな量目を提供する。各売場で、保存に便利な冷凍商品を多数そろえた。

水産の塩干コーナーでは、漬魚や干物、塩鮭などを冷凍で品ぞろえ。オールインワンミールキットも販売し、フライパン1つで簡単に調理ができる便利なキットも用意する。

畜産では、生ハンバーグやピーマンの肉詰めなど、焼いて味付けすれば完成する、もうひと手間加えるだけで夕食のおかずになる商品を取りそろえる「ラクして手料理」コーナーを新規導入する。

冷凍食品では、主食・主菜がワンプレートでそろうライフオリジナルの冷凍プレート弁当を導入。フローズンスイーツとして、こだわりの北海道スイーツも販売する。

水産の刺身コーナーでは、1人前の少量パックを手頃な価格で用意する。農産のカットフルーツでは、食後のデザートにもぴったりな少量サイズを、手頃な価格で提供する。畜産では、ファミリーパックコーナーを展開し、牛・豚・鶏肉など大容量パックも品ぞろえする。ベーカリーでは、ナポリピッツァを、数名で分け合えるホールと、1人で食べきれるミニサイズの2種類で販売する。

惣菜では、店内で炊き上げたご飯で作る手作りおにぎりを惣菜売場で提供する。こだわりの宮城県産ひとめぼれ米・有明産海苔・淡路島の藻塩を使用し、約8種類を展開する。

インストアベーカリー「小麦の郷」ではカレーパンやアップルパイ、ナポリピッツァなど一日の焼き上げ回数を増やし、お客にでき立ての商品を提供する。

<出店地>
出店地

■店舗概要
所在地:東京都江戸川区本一色1-26-4
TEL:03-3655-0411
建物構造:鉄骨造3階建て
フロア構成:売場2階、駐車場1階
売場面積:1235m2
年間売上目標:18億5000万円
駐車台数:38台
従業員数:74人(社員14人、パートナー60人)
営業時間:9時30分~22時

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧