メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

所沢駅/「グランエミオ所沢」第2期48店出店、9月2日開業

2020年07月03日店舗

住友商事と住商アーバン開発は7月2日、西武新宿線「所沢駅」直結の商業施設「グランエミオ所沢」第2期を9月2日に開業し、新たに48店が出店すると発表した。

<グランエミオ所沢>
グランエミオ所沢

「グランエミオ所沢」は、西武鉄道沿線のランドマークを目指し開発した所沢駅直結の商業施設で、住友商事がサブマスターリース事業を行い、住商アーバン開発が運営・管理を行っている。第1期は、2018年3月に東口駅ビルとして開業し77店が出店している。今回、決定した第2期の48店とあわせて、アパレル、飲食、食物販など全体で125店となる。

第2期では、多目的広場やレストスペースを豊富に設け、サードプレイスとして居心地の良い空間を提供する。所沢駅南口に新設される改札口に続く、開放的で緑豊かな多目的スペース「セントラルプラザ」には大型サイネージやイベントスペースを配置し、地域の情報発信機能を担う。

屋上には芝生広場やベンチを配置し、鉄道モニュメントを展示する庭園「とこにわ」を設け、屋外イベントの開催なども予定している。

周辺エリアで最大規模の店舗数となるレストランフロア「とこテーブル」には、西武ライオンズによる初の公認レストラン「LIONSBUFFETBIGDINING」のほか、中国料理の「北京飯店」、伝統的な韓国家庭料理と厳選された黒毛和牛を提供する「焼肉名菜 福寿」などさまざまな食事を楽しめるダイニングやバーがそろう。

ボリューム感のあるパンケーキで有名なハワイアンフード「Eggs’nThingsCoffee」や、地域最大級の在庫冊数18万冊を誇る「TSUTAYABOOKSTORE」、生活雑貨を取り扱う「KEYUCA」や「3COINS」など西武沿線初出店、所沢市内初出店の店舗を数多く誘致した。

■「グランエミオ所沢」
所在地:埼玉県所沢市くすのき台1-14-5
敷地面積:約3万9400m2
延床面積:約11万6000m2(増築:約6万6600m2、既存:約4万9400m2)
構造:鉄骨造
階数・高さ:地上5階・地下2階最高高さ29.65m
店舗面積:約1万8500m2
店舗数:126店(1期:77店、2期:49店予定)
駐車場:494台(1期:374台、2期:120台予定)
駐輪場:1599台(1期:829台、2期:770台予定)
工期:2016年8月~2020年7月(予定)
開業時期:1期2018年3月2日、2期2020年9月2日(予定)
事業主:西武鉄道
賃貸人・企画・開発・施設管理:西武プロパティーズ
賃借人・企画、開発支援、商業施設運営管理:住友商事、住商アーバン開発

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月06日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方